スポーツ

最新スポーツ記事のRSS

桑田と清原の運命を分けたドラフト会議「30年後の真実」とは

2015.08.18 16:00

 今年も夏の全国高校野球大会が日本中をにぎわせている。30年前、甲子園をわかせたPL学園の清原和博と桑田真澄のKKコンビは、ドラフト会議で巨人の1位指名確実と言われた清原が指名されず、桑田が巨人から1位指名を受けた衝撃的なプロ入り経緯でさら

 今年も夏の全国高校野球大会が日本中をにぎわせている。30年前、甲子園をわかせたPL学園の清原和博と桑田真澄のKKコンビは、ドラフト会議で巨人の1位指名確実と言われた清原が指名されず、桑田が巨人から1位指名を受けた衝撃的なプロ入り経緯でさらに注目を集めた。あのとき、いったい何が起きていたのか。『「巨人V9──50年目の真実』などの著書があるジャーナリストの鵜飼克郎氏が、30年後の真実をレポートする。

 * * *
 札束を武器に大物選手を獲得してきた巨人にあっても、1985年のドラフト会議は、とりわけ衝撃を与えた。この年の目玉は“KKコンビ”として甲子園を沸かせたPL学園の桑田真澄と清原和博だった。

 清原はいち早くプロ入りを宣言しており、尊敬する王監督が率いる巨人を希望。巨人も清原の1位指名を公言し、相思相愛と見られていた。一方の桑田は卒業後の進路として早大進学を打ち出し、「プロ入りの意志表明となる退部届を出さず、早大の特別選抜試験の受験票まで報道陣に見せていた」(スポーツ紙編集委員)。

 ところが、11月20日のドラフト会議で巨人が1位指名したのは桑田だった。早大進学と判断していた他球団は指名を回避したことで、巨人の単独指名となったのだ。清原は競合の末、西武が指名した。

 裏切られた清原は会見で悔し涙を流し、進学を表明していた桑田は前言を翻して巨人入りを決める。

 巨人と桑田の密約があったのではないか二人の運命を分けたこの騒動は国会の参院文教委員会で討論されるまで発展した。清原は専属評論家をする日刊スポーツで当時を振り返っている(2013年10月24日付)。

「クラスメートも騒然とする中、確か桑田はスーッと教室を出ていったんじゃないかな。(中略)その後は凄い騒ぎだった。(中略)チームメートが「許せん」と言って、金属バットを持って桑田を探し回ったり。学校に抗議や脅迫が殺到して、警察が教室を見張っていた期間もあった。(中略)ドラフト当時は、桑田に対して思うところはあった。正直、憎かった時期もある。何で言ってくれなかったかなとね」

本文を読む


マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP