• TOP
  • 国内
  • 脇雅史・前自民党参議院幹事長 AMK長老支配の構図を懸念

国内

2015.08.31 07:00  週刊ポスト

脇雅史・前自民党参議院幹事長 AMK長老支配の構図を懸念

 この発言に政治部記者は、「ついに公の場でいってしまった。記者の間では『3派連合』という言葉が3長老の隠語となってきたのだが」と苦笑いする。参院自民党は、青木氏の出身派閥の平成研、森氏の清和会、古賀氏の宏池会の3派で約6割を占めており、「役員人事はいまだに3人の意向で決められている」(清和会参院議員)という。現在の溝手顕正・参院議員会長は宏池会、伊達忠一・参院幹事長は清和会、そしてこの前参院幹事長だった脇氏自身、かつては平成研で青木氏の子分だった。

 その長老支配を揺るがしかねなかったのが、参議院の定数是正問題だった。「1票の格差問題」で違憲状態となった参議院の選挙区について、脇氏が抜本的な合区による改革案を提案すると、溝手・議員会長が強硬に反対しそれを潰した。溝手氏は後に「できるだけ仲間が生き延びるようにするのも私の責任」と告白したが、背後にはAMKの意向があったとされる。

〈(溝手氏の)腰が重いのには、ほかにも事情があった。合区対象である島根県選出だった元参院議員、青木幹雄氏の存在だ。いまだに参院内に影響力を保ち、合区に反対していることを無視するわけにはいかなかった〉(中国新聞7月10日付)

 それに逆らった脇氏は、参院幹事長を更迭され、現在は会派も離脱している。なぜいま、長老支配を暴露したのか。本人に聞いた。

「酒の席で話したことをそのまま書かれちゃってね。ただ、私はAMKじゃなく、AKM3といったんだ、AKB48をもじって(笑い)。どちらにしても私の造語だが、長老たちが砂防会館(国会近くにある政治家の事務所が集まるビル)に議員を『ちょっと来い』とかいって呼びつけて目を光らせているのは事実。経験も情報もネットワークも持つ彼らが意見をいうことは構わないが、それにNOといえる人がほとんどいない長老支配の構図はよくない」

※週刊ポスト2015年9月11日号

関連記事

トピックス