• TOP
  • 国内
  • 「受験に恋愛は無駄」発言の母 ネットの反応に驚くも持論変えず

国内

2015.09.24 07:00  女性セブン

「受験に恋愛は無駄」発言の母 ネットの反応に驚くも持論変えず

 東京大学理科III類、それは年間合格者数100人。この狭き門に3人の息子を全員現役で合格させ、「ゴッドマザー」の異名をとる主婦が奈良県にいる。彼女が息子たちに徹底させた、とある受験テクが今、激しい議論の的になっている──。

 3人の息子を難関の私立灘中・高校(神戸市)から東大理III(医学部)に合格させたのは奈良県在住の佐藤亮子さん。津田塾大学卒業後、大分県内の私立高校で2年間、英語教師を務めた後に弁護士の夫と結婚し、専業主婦として子育てに励んだ。

 そんな佐藤さんの“爆弾発言”が飛び出したのは、著書『受験は母親が9割』(朝日新聞出版刊)の発売記念イベントの場で、精神科医の和田秀樹さんと公開対談したときのことだった。『週刊朝日』(9月18日号)の再録記事によると、「思春期には恋愛という課題もある」と司会者に問われた佐藤さんは堂々とこう答えている。

《受験に恋愛は無駄です。1日は24時間しかありません。女の子とスタバで2~3時間、お茶する。年1回ならいいですよ。けれど10回あれば30時間! その時間があれば参考書が1冊終わります。恋愛している場合ではないことを教えましょう》

 さらに、《勉強のスケジュール管理をして、マルつけをして、間違えたら紙に書いて貼り出して、参考書も買いに行きます》《大学受験時の願書は親が書いて、子供に清書させればいい》と、受験には母親が深く関与すべきという持論を展開。

《愛情いっぱいにサポートして、「合格するまでやる」のが母親の役割》と言い切った。こうした発言に、インターネット上には賛否両論の声があふれたのだ。

 ネット上での議論を佐藤さんはどう受け止めているのか? 佐藤さんを直撃すると開口一番、「私も驚いているんです!」と話し始めた。

関連記事

トピックス