• TOP
  • 芸能
  • タモリ 中居正広の亡き父と楽しんだ胸を揉みながらの麻雀

芸能

2015.09.25 16:00  女性セブン

タモリ 中居正広の亡き父と楽しんだ胸を揉みながらの麻雀

中居正広の亡くなった父と仲の良かったタモリ

 宮沢りえ(42才)がママを務める架空のバー「ホワイトレインボー」を舞台に、タモリ(70才)がゲストとお酒を酌み交わしながらトークを展開する人気番組『ヨルタモリ』(フジテレビ系)が、20日、最終回を迎えた。最後のゲストに選ばれたのは、タモリと親交の深い中居正広(43才)だった。

 中居は1994年に『笑っていいとも!』(フジテレビ系)にレギュラー入り。当時21才だった中居は、錚々たる出演者に埋もれてしまい何もできないまま生放送が終わってしまうこともあった。

「中居くんはタモリさんから何か盗めるものはないかと、いつもくっついて必死でした。そんな時からタモリさんは中居くんに目をかけてきました。20年もの間、毎週会っているわけですからね。中居くんのお父さんとも家族ぐるみのつきあいでした」(テレビ局関係者)

 最終回のこの日、席につくなり語られたのが、中居の亡き父・正志さん(享年79)の話だった。

タモリ「(中居の)お父さんとおれ、仲よかったから…」
中居「だからいちばん最後に(タモリと)会ったの、お父さんの家ですよ」

 2年間のがん闘病の末、2月19日に亡くなった正志さん。入院生活の最中、最後に一度だけ自宅に帰りたいと戻った先に、タモリが待っていたという。

「正志さんは立つことも難しい状態でしたが、どうしても家に帰りたいと願っていました。それを中居くんから聞いたタモさんは、それならみんなで家で正志さんを迎えようと、サプライズで待ち構えていたんです」(芸能関係者)

 その時のことをふたりはこう振り返った。

中居「タモさんの顔見たら泣いちゃって、親父。びっくりしたね。ぼく、初めてお父さんの涙、見たんですよ」
タモリ「なんとも言えなかったね。次の日連絡が来て“意識がなくなった”って…」
中居「(父にとって)最後の遊びだったんじゃないですかね」

 タモリが正志さんの自宅で料理を振る舞い、飲み明かすこともあれば、一緒に麻雀に興じるなど息の合ったふたり。酔っ払ったタモリが正志さんに絡むこんな一幕もあった。

中居「麻雀とかやってるでしょ。酔っ払ってるでしょ。(タモリが)ずーっと、うちの親父のおっぱいを揉んでるんですよ(笑い)」
タモリ「お父さんね、おっぱい揉んでるんだよ? だけど平気で麻雀やってるんだよ」

 優しい余韻を残して、伝説のバーはこの夜で閉店となった。

※女性セブン2015年10月8日号

関連記事

トピックス