芸能

「風紀乱れる」女子学院の隣にスタジオ建設で保護者が嘆願書

 築36年を迎えた日本テレビ「麹町スタジオ」の建て替え工事が決定したのは、昨年9月のことだった。以前から老朽化が問題視されており、建て替え自体は自然な流れだが、問題となったのは新スタジオの建築場所。そこはお受験界の「女子御三家」の一つ、女子学院中学・高等学校の隣だった。

 建築予定地は更地にされ、10月末から工事が着工。地上11階地下5階、高さ60mの新スタジオの建築がいざ始まったのだが、現在、女子学院と保護者たちがこの建築に猛反対している。

「新スタジオは校舎の3倍近い高さなんです。計画を聞いたのは春先のことで、景観阻害や大規模工事による騒音など、学校側から建築反対の意見が続出して、すぐに職員と母親による反対運動が始まりました。“絶対に建築を阻止しよう!”と、みんな強い気持ちで動いています」(保護者の一人)

 学校側は6月、都建築紛争予防条例に紛争調停を申し立て、区議会、都議会にも陳情を求めた。10月には、保護者が新スタジオ建築に懸念を表明する嘆願書を日テレに提出している。

 景観や騒音もさることながら、一部の母親たちには別の懸念があった。新スタジオの完成予定は5年後。大多数の在校生は完成を待たずに卒業するが、問題は現在の中学1年生。彼女たちが高校3年生の時、すなわち大学受験を控えた大切な時期に新スタジオが完成し、収録が始まる。

 中1の母親たちは、麹町スタジオで収録されている番組を知って固まったという。『嵐にしやがれ』『ナカイの窓』『世界の果てまでイッテQ!』『天才!志村どうぶつ園』。ジャニーズの大人気グループ『嵐』をはじめ『イッテQ』に出演する手越祐也(28才)、『ナカイの窓』のSMAP・中居正広(43才)、『天才〜』のDAIGO(37才)など、イケメンが連日収録に訪れている。

「受験勉強の真っ最中に、すぐ隣に嵐がいるなんてことになれば、生徒は浮ついてしまい勉強に身が入らない。追っかけや出待ちのファンだって大量に来るだろうし、校内の風紀が絶対に乱れます。やっぱり名門女子校ですから、勤勉な学校生活を期待して入学させた母親は多いんです。それに、女子学院の近くには男子校が1つもないんです。大和撫子といったら時代錯誤ですけど、清廉な女性に育ってほしいという思いもあって入れています。そういう環境を求めたからこそ厳しい中学受験を頑張ったんです」(反対派の母親)

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン