芸能

「風紀乱れる」女子学院の隣にスタジオ建設で保護者が嘆願書

 築36年を迎えた日本テレビ「麹町スタジオ」の建て替え工事が決定したのは、昨年9月のことだった。以前から老朽化が問題視されており、建て替え自体は自然な流れだが、問題となったのは新スタジオの建築場所。そこはお受験界の「女子御三家」の一つ、女子学院中学・高等学校の隣だった。

 建築予定地は更地にされ、10月末から工事が着工。地上11階地下5階、高さ60mの新スタジオの建築がいざ始まったのだが、現在、女子学院と保護者たちがこの建築に猛反対している。

「新スタジオは校舎の3倍近い高さなんです。計画を聞いたのは春先のことで、景観阻害や大規模工事による騒音など、学校側から建築反対の意見が続出して、すぐに職員と母親による反対運動が始まりました。“絶対に建築を阻止しよう!”と、みんな強い気持ちで動いています」(保護者の一人)

 学校側は6月、都建築紛争予防条例に紛争調停を申し立て、区議会、都議会にも陳情を求めた。10月には、保護者が新スタジオ建築に懸念を表明する嘆願書を日テレに提出している。

 景観や騒音もさることながら、一部の母親たちには別の懸念があった。新スタジオの完成予定は5年後。大多数の在校生は完成を待たずに卒業するが、問題は現在の中学1年生。彼女たちが高校3年生の時、すなわち大学受験を控えた大切な時期に新スタジオが完成し、収録が始まる。

 中1の母親たちは、麹町スタジオで収録されている番組を知って固まったという。『嵐にしやがれ』『ナカイの窓』『世界の果てまでイッテQ!』『天才!志村どうぶつ園』。ジャニーズの大人気グループ『嵐』をはじめ『イッテQ』に出演する手越祐也(28才)、『ナカイの窓』のSMAP・中居正広(43才)、『天才〜』のDAIGO(37才)など、イケメンが連日収録に訪れている。

「受験勉強の真っ最中に、すぐ隣に嵐がいるなんてことになれば、生徒は浮ついてしまい勉強に身が入らない。追っかけや出待ちのファンだって大量に来るだろうし、校内の風紀が絶対に乱れます。やっぱり名門女子校ですから、勤勉な学校生活を期待して入学させた母親は多いんです。それに、女子学院の近くには男子校が1つもないんです。大和撫子といったら時代錯誤ですけど、清廉な女性に育ってほしいという思いもあって入れています。そういう環境を求めたからこそ厳しい中学受験を頑張ったんです」(反対派の母親)

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン