• TOP
  • 芸能
  • 『下町ロケット』で光る安田顕 「何かやらかす」期待感ある

芸能

2015.12.19 07:00  NEWSポストセブン

『下町ロケット』で光る安田顕 「何かやらかす」期待感ある

『下町ロケット』で注目集まる安田顕

 人気ドラマ『下町ロケット』(TBS系)で佃製作所の技術開発部長役を演じている安田顕(42才)への注目度が高まっている。もともと、北海道のローカル番組『水曜どうでしょう』(HTB)では“残念なイケメン”としてそのキャラクターは知られていたが、ここ最近、個性的な役柄での起用が激増。その魅力に、テレビ解説者の木村隆志さんが迫る。

 * * *
 北海道民にとっては「芸人よりも面白いタレント」だった安田さんが、いつの間にか連ドラ界屈指の売れっ子俳優になりました。もともとコアなファンの多い人でしたが、『下町ロケット』の好演で国民的な認知も上がり、今や「連ドラ主演を期待されるポジションにまで到達した」と言えるのではないでしょうか。

 安田さんが連ドラに出演しはじめたのは2007年ごろから。当時は『ハケンの品格』『ホタルノヒカリ』(ともに日本テレビ系)で演じたサラリーマンのような「普通の人」「いいヤツ」の役が多く、主演の演技を邪魔しない脇役の一人に過ぎませんでした。しかし、2013年にその流れが一変します。

『みんな!エスパーだよ!』(テレビ東京系)では演出を手がけた園子温監督の妻・神楽坂恵さんにセクハラしまくる超能力の研究者、『スターマン・この星の恋』(関西テレビ系)では妻子を捨てて逃げたクズ亭主、映画『HK 変態仮面』では顔にパンティーをかぶったニセ変態仮面と、次々にアクの強い役を演じてインパクトを残しました。

 その後も、『アオイホノオ』(テレビ東京系)では『エヴァンゲリオン』を手がけた庵野秀明さんの大学生時代、『問題のあるレストラン』(フジテレビ系)では女装家でゲイのパティシエ、映画『龍三と七人の子分たち』では詐欺師集団の極悪ボス、映画『ビリギャル』ではヒロインに罵声を浴びせて髪を引っ張る悪い教師を演じて、強烈な印象を放っています。

関連記事

トピックス