• TOP
  • 芸能
  • 人工肛門告白の中井美穂 スタッフが慌てて病院行ったことも

芸能

2016.02.18 07:00  女性セブン

人工肛門告白の中井美穂 スタッフが慌てて病院行ったことも

テレビで人工肛門の生活を明かした中井美穂

「お料理は全然やらなくなっちゃいましたね」──2月15日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した中井美穂(50才)はそう話し、相変わらずの笑顔を披露した。

 フジテレビアナウンサーだった中井が元プロ野球選手の古田敦也(50才)と結婚したのは1995年。以来20年間、フリーとして多忙な日々を送っている。ここ最近はテレビ出演こそ多くなかったが、司会、朗読、執筆など多彩な分野で活躍を続けてきた。

 なかでも演劇は彼女の強み。歴史と権威のある読売演劇大賞の選考委員を、2013年から演劇関係者に交じって務めている。その背景には、月20本は舞台を見て、出演者への取材をするなど精力的な仕事の積み重ねがあり、渡辺謙(56才)が昨年トニー賞にノミネートされた『王様と私』の再演が決まったときには、いち早く本人へのインタビューも行った。

 社会活動も熱心で、大腸がん啓発の「ブルーリボン」活動にも取り組み、2011年からイベントの司会を担当している。その中井が今回、番組で初めての告白をした。

黒柳:「あなたも一度、危ないことになったんですって?」
中井:「はい。私の場合は腹膜炎ということで、がんではないんですけど、腸が破れる病気になりまして」

 2003年前後のおよそ1年間、ストマを装着していたことを明かしたのだ。ストマとは人工肛門のことで、自然な排泄ができなくなった人が使う器具だ。中井は2002年に子宮筋腫の摘出手術を受けている。当時、一部では重病説が流れた。

「その時、中井さんの病状はかなり悪く、命の危険もあると聞いたのです。私たちも状況がわからないまま、あわてて病院へ駆けつけたこともありました」(テレビ局関係者)

 本人は、体調は良好で生活は以前と変わらないと否定していたが、実際はストマをつけての毎日を余儀なくされていたのだ。

 当時、中井がMCを務める番組『旅の香り』(テレビ朝日系)を担当していた放送作家の山田美保子氏は「ロケ先で、先輩である野際陽子さん(80才)がお風呂に入ってくださるのに、中井さんはずっと『お風呂NG』。不自然に感じていたスタッフも多かった気がします」と振り返る。初めての告白に併せて、中井は当時の苦労も隠すことなく口にした。

黒柳:「普通にトイレに行く頻度で行くの? それともしょっちゅう行くの?」
中井:「便意が普通はわかるわけですよね。それがわからないんですね(中略)ただそれがいつやってくるかコントロールはできないので。お仕事しながらだったので、“あ、ちょっと今取り換えに”ということもなくはなかったんです」

 番組では、日々の食事は「各自」で取り、夜9時頃までの演劇を見て帰っても、特に何も言われることはないと、古田の理解を得て充実した日々を送っていることにも触れた中井。長年伏せてきた事実を明かし、心が軽くなったことで、活躍の幅をますます広げそうだ。

※女性セブン2016年3月3日号

関連記事

トピックス