◆「こんなの初めて!」

 ホルモンヌ(ホルモン好きな女性)の市川さんが訪れたのは、新鮮なホルモンが自慢の卸)新宿食肉センター極。

「若い頃はこってり系のカルビやハラミを中心に食べていましたが、30代になった今では、ホルモンやタン塩に惹かれます。特にホルモンは、大人になってお酒を少し飲めるようになってから、美味しさに目覚めましたね。

 1人でちょっとずつ自分のペースで焼けるのも良いですね。『おじさん、レモンサワー!』なんて、頼んだりして(笑い)」

 そんな市川さんが選んだのは、「タン塩」と同店ダントツ一番人気の「限定朝締めあみればー」。ひとつひとつに手作業で網あぶらを巻いたレバーは、この店オリジナルメニューだ。

「個人的には、お肉はよく焼く派です。“あまり火を通さないで”というお肉もあるけど、香ばしさが醍醐味だと思うので、しっかり焼きます。焼き加減を気にしないで焼けるのが嬉しいな」

 網の上でカリッと焦げ目が付くぐらいまで火を通すと、ジュワッと脂がしたたり、たちまち香ばしい匂いが立ち上がる。待ちきれずに箸が伸びる。

「柔らかくて、おいし~い。こんなレバー初めて食べました。外がカリカリ香ばしいのに、中のレバーは半ナマ。噛むと脂の甘さが溶け出して、う~ん! これはきっとレバーが苦手な人でもハマりますよ」

 と、ご満悦の表情。

「もともと、素材をそのまま出すよりも、こうやってひと手間かかっていたり、味付けがしっかりしているお肉が好み。常連になるのはちょっとしたひと手間を加えてくれるお店が多いですね」

関連記事

トピックス

綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
フィリピンのマニラ首都圏にあるビクタン収容所(AFP=時事)
【ルフィ強盗事件】賄賂が横行するフィリピン 入管も警察も金次第でどうにでもなる実態
NEWSポストセブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン