芸能

藤原紀香が頻繁に「炎上」するようになった流れとは?

片岡愛之助と挙式を行った藤原紀香

 9月23日に京都の上賀茂神社で片岡愛之助(44才)との挙式を行った藤原紀香(45才)。その姿に、“40代半ばで再婚なのに白無垢で目立ちすぎ”などとバッシングの声がやまない。

「2006年に陣内さんとの結婚会見をした時は“格差婚”といわれましたがバッシングの空気はまったくなかった。結婚直後に自著『紀香バディ!』を発売。《目覚めよ、女! あきらめの中に美しさは宿らない、怠惰な人生に愛は実らない》と銘打った美の啓発本でしたが、昔のムチムチボディーからダイエットの失敗談、美容の秘訣まで惜しみなく披露。こんな美貌の紀香も努力しているんだ! と女性たちの心を掴んでいました」(芸能関係者)

 2009年に陣内智則と離婚。

「原因はひと言でいえば、陣内さんの女性問題でしたが、そのときの陣内さんは紀香さんから離婚したいと言い出すのを待っているようなあからさまな浮気を繰り返していました」(関係者)

 2014年にブログ『氣愛と喜愛で♪ノリノリノリカ』を開設すると、頻繁に「炎上」するようになった。

 たとえば自身のスッピン画像を高い頻度でアップすると、「若いっていってもらいたいの? 誰にアピール? 必死すぎて痛い」と叩かれ、髪形をツインテールにした写真をアップすると「44才にもなって」と批判された。

 昨年7月の主演ドラマ『ある日、アヒルバス』(NHKBSプレミアム)で無職の40代独身女性を演じ、役どころを聞かれて、「本当にボロボロの女性です。底辺にいる藤原紀香が見られますよ」と返答。「40代の無職独身女性=底辺」という主張だと受け止められ、火の手が上がった。

 今年3月の結婚会見では愛之助と友達関係が長かったとアピール。

「熊切あさ美との三角関係疑惑を払拭しようと、辻褄の合わない小さい嘘をつきすぎだと炎上しました。2度目なのに金屏風の会見ていうのも配慮がないと批判の声があがっていました」(テレビ局関係者)

 4月、熊本地震に際して、《火の国の神様、どうかどうかもうやめてください》とブログに書き込むと、「熊本の人に天罰が下ったかのような言い方だ」と大炎上。7月には亡くなった愛犬の写真をブログにアップして、「死骸の写真を載せるなんて非常識」とバッシングされた。コラムニストの齊藤カオリ氏が言う。

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン