「役に対してストイックでちょっと怖いイメージで、怒られるのを覚悟していた」「読み合わせの時はガチガチに緊張したんですけど、優ちゃんが最初から子供あやすみたいに『ジュース飲もう』みたいな感じで入り込みやすいようにしてくれた。蓋を開けてみたら全然イメージと違って。“小さなおじさん”みたいな人だなと思って」

 蒼井の出世作ともいえる映画『フラガール』の李相日監督はあるインタビューで、蒼井の持つギャップを《対極》と表現した。

「“近所の子”的な親近感と“高嶺の花”的な特別感。対極にある感性がひとつの顔に収まっているアンバランスさが最大の魅力」

 蒼井のなかには「女らしさ」と「男らしさ」が共存するという。知人女性が語る。

「料理が上手で、得意は和食全般。ひじきの煮物やもつ煮込みをよく作るみたい。今どき普通の子だってできないけど、彼女は魚もさばけます。レストランに行っておいしい料理に出合うと、わざわざ店員さんに声をかけて“どんな素材を使ってるんですか? 味付けは?”なんてよく聞いてますね。

 仲よくなったら弁当を作って持たせてくれる。ほとんどの男性は秒殺。自分の好きな人はあんまり会わせたくないなぁ…」(知人女性)

「以前、一緒に飲んだとき、当時ショートヘアだった蒼井さんはだぼだぼの男の子みたいなアウターを着ていて。酔っ払ってきたら、“暑くなった~”と言いながら、上着を脱いだんです。すると、下はTシャツ1枚。真っ白なうなじに、首回りも手首も本当に華奢で、細くって…。つい“守ってあげたい”と思いました」(知人男性)

 知人たちの蒼井評は続く。「とにかくお酒をたくさん飲む」「たばこをプカプカふかす」「スポーツカーを運転する」少年のような一面も持ち合わせる一方で…。

「小さなかわいらしい声で、ボソボソとしたしゃべり方をするんですけど、かなり辛辣なこともズケズケ言います。それでも最後は、“優はさァ、あなたのことを思って言ってるのよォ”なんて満面の笑みで言うから、男からすると“自分だけに話をしてくれている”と思っちゃうんです。あの化粧っ気のないところも、“素の自分を見せてくれている”感じがして、“本気のパートナー”という気にさせられる」(別の知人男性)

※女性セブン10月27日号

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
【実例「おじさん構文」「おばさん構文」】LINEで世代間ギャップを生む“書き言葉”と“打ち言葉”の違い
【実例「おじさん構文」「おばさん構文」】LINEで世代間ギャップを生む“書き言葉”と“打ち言葉”の違い
マネーポストWEB