• TOP
  • ライフ
  • 『深夜食堂』 正直者たちの溜り場には中毒性がある

ライフ

2016.11.05 16:00  NEWSポストセブン

『深夜食堂』 正直者たちの溜り場には中毒性がある

「深夜食堂」の世界にひたる

 漫画『深夜食堂』を原作にしたドラマがヒットしている。新作の映画も公開する。この物語のなにが指示されているのか。大ハマリしているコラムニスト・オバタカズユキ氏が魅力を語る。

 * * *
 一度知ったら、やめられないとまらない、のみならず何とも言えない愛おしさのような感情がわいてきて仕方のない作品がある。

 本日、11月5日より第2弾の映画が全国公開、それに先んじて10月21日からNetflixで第4部に相当する10話ぶんの新作ドラマが配信中の『深夜食堂』のことである。

 この一連の作品群の原作は、2007年から『ビックコミックオリジナル』での連載が続いている、基本10ページ(たまに20ページくらいになる)一話完結の同名のマンガだ。

 私がこの作品のファンになったのは昨年のことで、たまたま無料動画サイトでドラマを視聴。第1部10話ぶんを画質のよくない状態で観たのだが、あれよあれよとハマってしまい、「もっとちゃんとしたので観たい!」という欲求が抑え切れず、今年、ほぼこの作品のためだけにアマゾンプライムに入会したのだった。

 アマゾンでは現在、第1部~第3部の全30話のドラマと、2015年1月末に公開された第1弾の映画を楽しむことができる。他にもいくつかの有料動画配信サービスを使って観ることが可能だ。

 ドラマは1話あたり20分強、30話を一気に観ても、計600分強。10時間ちょっとだ。あっという間に観終わるから、構えずにトライしてほしい。

 原作は今のところ17冊のマンガ本が刊行されている。映画の第2弾と新作ドラマの動画配信がほぼ同時にスタートしたこともあり、既刊本も今は入手しやすい。ここは一気に大人買いといこう。

 私は、それらをすでに3~5回繰り返し読み、繰り返し観ている。そして、Netflixの10話をまとめて視聴、映画第2弾も試写会で観てきたところだ。

 試写会はスクリーンが小さかったので、映画はまた劇場で観ようと思っている。いまいちどじっくり楽しみたいというか、すべて観てしまったことが寂しいのだ。あー、もう終わってしまった……と、ちょっとした『深夜食堂』ロス状態にある。

 ドラマと映画は次があるかどうか、わからない。マンガ本の18冊目も発売は半年以上先だろう。とか考えると、生活の一部に大きな穴が開いたような気分になる。半年も待てないし、ドラマ第5部、映画第3弾がないだなんて耐えられない。ぜひ今回のものも大ヒットし、寅さんのような長寿シリーズになっていただきたい!

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス