• TOP
  • ライフ
  • 【著者に訊け】川村元気氏 『四月になれば彼女は』

ライフ

2016.11.11 07:00  週刊ポスト

【著者に訊け】川村元気氏 『四月になれば彼女は』

川村元気氏が『四月になれば彼女は』を語る

【著者に訊け】川村元気氏/『四月になれば彼女は』/文藝春秋/1400円+税

 かねて結果を出す人ではあったが、こうも出し続けられると、畏れ入る他ない。観客動員が1260万人を突破(10月25日時点)した映画『君の名は。』(新海誠監督)、『悪人』に続く吉田修一原作・李相日監督の『怒り』を企画・プロデュースした川村元気氏。そのさなかに書かれた最新小説『四月になれば彼女は』も、どこか世界観が重なる。

「『今は恋愛映画なんて中高生しか観ない』と言われていた中で『君の名は。』がこれだけ大人にも支持されたのは、『恋愛小説は売れない』と周囲に反対されながら恋愛小説を書くことに挑戦した僕に勇気をくれました。同時に吉田さんの『怒り』とどこか同じ気分を共有していて、怒りや誰かを愛する気持ちすら叫べないのが今だとしたら、恋愛できない男女を書く恋愛小説があってもいいのかなと」

 表題はサイモン&ガーファンクル『April come she will』から。4月から翌年3月まで、結婚式を翌春に控えた精神科医〈藤代〉とその婚約者の〈弥生〉、さらに学生時代の元恋人〈ハル〉らの人生の交錯を追う。一見安定した関係にも潜む、〈変化〉や孤独が切ない。

「ポール・サイモンが4月から9月までしか歌わなかったので、その続きを書こうと。恋が失われた後をどう男女が生きていくのか」

 同棲して3年が経つ藤代と弥生の間にも、既に恋と呼べる感情はなく、ここ2年はセックスもない。

関連記事

トピックス