• TOP
  • 国内
  • カカア天下の岩手県、家事メンNo.1は京都府

国内

2016.12.29 16:00  女性セブン

カカア天下の岩手県、家事メンNo.1は京都府

新県民性、岩手、京都、福岡編

 県民性? ハイハイ、どうせ「京都人はいけず」「埼玉はダサい」「秋田は美人が多い」とかでしょ? 読まなくてもわかってるわと思ったあなた、本当に全ての傾向を網羅できている? 『新出身県でわかる人の性格』などの著書がある岩中祥史さん(66才)に聞きました。

◆カカア天下No.1(夫より妻が先に就寝する率1位)【岩手県】

 51.8%が「妻が先に就寝することが多い」と答えた岩手。そんなに妻が強いのか!?

「農業や漁業など、第一次産業が盛んな県は、共働きが多いんです。だからあまり夫が強くいることができないですよね。妻もよく働いて早く寝るんじゃないでしょうか」(岩中さん)

 岩手県民の未婚男性(29才)は「寝る時間はまちまちですけど、間違いなくカカア天下」と断言する。

「父親より母親の方が強いですね。うちのまわりは漁師が多いんですけど、シーズンに入ると男たちは、1か月間休みなく海に出るんですよ。で、シーズンが終わるとすることがないからプラプラし出す。なので、家族を仕切るのは完全に母親です。大きな買い物をする時も、決めるのは全部母。口げんかもまず負けたことがないですよね(苦笑)。ぼくの同世代も女性が強い」

◆家事メンNo.1(男性の家事参加率全国1位)【京都府】

 夫の家事参加を調べると、京都府が59.2%とトップに。

「京都人は“新しモノ好き”なんですよ。長いこと日本の首都だったという自負があるから、世の中の先頭を走るのは自分たちだっていう気持ちがあるんでしょうね。だから“欧米では夫も家事をするのが当たり前”と聞くと、“ほな、自分たちが先陣切ってやりまひょか”となるわけです」(岩中さん)

 京都人の夫と結婚した和歌山の女性(46才)はこう言う。

「京都人は『本音と建て前』の県民性ですからね。ウチの夫も、外じゃあ『家事なんてしませんよ』って顔をしてますが、子供が生まれてからは、休日の夕食はいつも夫が作ってくれています」

 一人暮らしが長く、“ベッドにカバンは絶対置かない”“シャンプーのノズルの位置まで掃除の時に直す”京都出身の千原ジュニア(42才)は家事メンの鏡!?

◆妻が夫に文句を言うNo.1【福岡県】

 福岡といえば九州男児。しかし、夫婦のコミュニケーションを調べてみると、相手に不満を伝える妻は福岡が58.6%と1位に。福岡出身の華やかな女性芸能人をみてみると、黒木瞳(56才)、松田聖子(54才)…確かにそんな気もする。福岡県出身者はこう語る。

「お酒とお祭りにうつつを抜かす男たちに代わって家庭を守って来たという歴史があるから夫は妻に頭が上がらない県民性なんです。九州男児=亭主関白と思われてるとしたら、外だけ。母は義父母と同居だったのでそんな文句を言わない方でしたけど、一度だけ、喧嘩した時の父のおろおろっぷりが大変でした(苦笑)。おとなしく見える人でも、間違いなく夫を掌の上で転がしてます。我が家? 私が起きている間中、夫に文句言っていますね(笑い)」

※女性セブン2017年1月5・12日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス