• TOP
  • ライフ
  • 中国嫁日記作者、日中ハーフとして生まれた我が子に願うこと

ライフ

2017.01.04 16:00  NEWSポストセブン

中国嫁日記作者、日中ハーフとして生まれた我が子に願うこと

──出産にも立ち会ったのですか?

井上:立ち会いました。ツイッターでもつぶやきましたが、こんなに大変な思いをして生まれてくるのに、殺人とかやっちゃだめだよと大げさでなく思いました。すべてのお母さんにありがとう、戦争とかなくなれ、と本気で思いました。こんなに大変な思いをして産んだのに、理不尽に死ぬのは親に悪いだろう、普段なら考えもしないスケールのことが思い浮かびました。 

──初めて息子のバオバオちゃんを抱いたときは、どんな感じでしたか?

井上:最初は、なんだかよく分からない感じでした。

──でも、かわいいんですよね。

井上:絵を学んでいる人間は全員そうなんですが、美術的な訓練、デッサンなどをやると、絶対的な美の意識みたいなものがあるんですよ。絶対音感みたいな、何が美しいかという感覚が培われる。だから、その美意識の基準でいけば、自分の子どもがそんなに可愛くないことは頭ではわかるんです。生まれた瞬間に、あご以外は僕にそっくりだとわかりましたし(笑)。でも、それとは別に世界一、かわいい。

──それでマンガでのバオバオちゃんも、マンガの井上さん似ではなくなるんですね。

井上:この子が世界一可愛いわけではないことはわかっているが、世界一かわいい。これはもう、しょうがない。子どもを持つと必ず思うことだし、みんな親バカになるんです。この「かわいい」という気持ちを表現するためには、僕と同じ顔にしちゃいけないんです(笑)。そして、そうすることはマンガとして正しい。この、うちの子がかわいいという感情を味わって初めて、ありとあらゆる写真、PCやスマホの壁紙を自分の子どもにするのがわかりました。

──毎日が、不思議な感覚につつまれた子育てになっていそうですね。

井上:ただ、いま思うのは、いま見る赤ん坊が、これから将来的に、皆と同じように歩いたり喋ったりするようになるというのが不思議でならない。人間の部品みたいなものなので。プラモデルでいうなら、ランナー(※複数の部品がついている枠)についている状態。これが果たして、組み上がると車や飛行機など、完成品になるのだろうかと半信半疑な感じに近いです。

 たくさんの育児マンガを読んでも、なぜ作中の人たちはこれほど感動するのかについてわからなかった。でも、今ならわかる。これは、ボケの時間が長いからです。本当だったら、今すぐにでも、お前はなんでもぞもぞもごもごしているのかとか、何でそんなに中途半端に万歳をしているのかとか、そういうことを親は子どもにツッコミたいんだけれど、子どもはそれがわからない。そして長い時間を経て、ようやくツッコミができる相手に成長する。そりゃ、こんなに長く時間がかかったら、みんな、感動しますよ。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス