• TOP
  • スポーツ
  • 【プロ野球順位予測】安仁屋宗八氏「カープ連覇に敵無し」

スポーツ

2017.01.08 16:00  週刊ポスト

【プロ野球順位予測】安仁屋宗八氏「カープ連覇に敵無し」

広島カープOB会長の安仁屋宗八氏

 二刀流として本格的に開花した大谷翔平が日本ハムを日本一へと導き、セリーグでは広島が25年ぶりのリーグ優勝に沸いた2016年のプロ野球。2017年のペナントレースはどうなるのか、どこよりも早く順位予測。広島カープOB会長の安仁屋宗八氏は毎年「カープ優勝」を予想し続け、2016年はついに見事的中! となれば2017年シーズンも、もちろん優勝は……。

 * * *
 セリーグは広島の連覇しかないでしょう! 黒田(博樹)の抜けた穴? そんなもの黙っていても埋まりますよ。

 昨シーズンだってマエケン(前田健太)がドジャーズに移籍してできた15勝の穴をジョンソン(32)と野村祐輔(27)の活躍で埋めて、さらにお釣りがきた。今度は大瀬良大地(25)や福井優也(28)、岡田明丈(23)が頑張るでしょう。

 代わりの人材はなんぼでもいる。ドラ1で慶大エース・加藤拓也(22)を獲りましたが、不確定要素の多い新人に頼らずとも現有勢力で十分にコマは足りている。問題は起用のタイミングだけ。調子のいい投手をきちんと見極める“目”がコーチにあるかです。

 なにせカープは野手のほうは盤石ですからね。リーグ優勝したことでみんなが自信をつけたし、菊池涼介(26)、田中広輔(27)、安部友裕(27)、丸佳浩(27)、鈴木誠也(22)ら主力のほとんどが20代。同年代だからチーム内競争も活発になる。誰かが頑張れば他も負けじとやる気を出すわけです。連覇は間違いない!

 カープの前に立ちはだかるライバルですか? まあ、強いていえば阪神が怖いと思いますよ。糸井嘉男(35)の加入もさることながら、2年目になった金本知憲・監督の存在は怖い。

 広島の緒方孝市・監督が2年目で優勝できたように、手探り状態だった1年目とは明確に采配が変わってくる。昨季の阪神は143試合で126通りのスタメンを試し、マスコミからは〝まるでオープン戦〟と叩かれたが、それだけ試せば選手の特性がかなり細かく把握できる。ファンも期待していいんじゃないか。

関連記事

トピックス