芸能

山田哲人と熊切あさ美がお泊り愛も「結婚は絶対にない」

山田哲人とのお泊り愛が報じられた熊切あさ美

「芸能スキャンダルに携わる仕事を始めて25年。2016年ほど忙しい年はありませんでした」と語るのは18年連続女性週刊誌No.1を守り続ける『女性セブン』の川島雅史・編集長だ。

 SMAP解散、ゲス不倫をはじめとする数々の不貞、大物カップルの熱愛発覚など、この1年は芸能ニュースが世間を騒がせ続けた。日頃あまり女性誌やワイドショーを見る機会のない週刊ポスト読者のために「女性セブン・週刊ポスト出張所」を開設した。

 週刊ポスト読者が思わず耳を疑ったのが、このスクープだろう。2年連続トリプルスリーのヤクルトスワローズ・山田哲人選手(24)と“崖っぷちアイドル”熊切あさ美(36)の恋だ。2016年8月、山田の自宅マンションをたびたび熊切が訪れ、お泊まりする模様を『女性セブン』(2016年9月1日号)が報じた。

「報道後、熊切は『仲のよい友達のひとり』と語っていたが、その後も密会情報は絶えない。崖っぷちの熊切が山田をゲットすれば、まさに大逆転サヨナラ満塁ホームランです」(芸能記者)

 熊切と親しい芸能リポーターの井上公造氏はこう語る。

「結婚? それは絶対にないでしょう。相手は球界の至宝ですからね。熊切にはハードルが高すぎる(笑い)。これまで彼女はさまざまな浮き沈みを経験してきた。そんな経験を経て、いま仕事が充実してきて、内面から輝いて綺麗になってきた気がする。今後の恋に期待ですね」

『週刊新潮』(2011月3日号)が報じた宮沢りえ(43)とV6の森田剛(37)の熱愛の行方にも注目だ。

「りえさんは“カレと一緒にいたい”という思いが強く、交際を隠さないから、あちこちで目撃されている。報道後も2人で京都旅行に出かけている。

 ただ、りえさんは前夫との離婚がようやく成立したばかりですし、小学生の娘もいるので、結婚となるともう少し時間がかかりそう」(井上氏)

 年末にもビッグニュースが飛び込んできた。NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』の劇中では最後まで結ばれることのなかったヒロイン・高畑充希(24)と俳優・坂口健太郎(25)の交際だ。

「坂口は『とと姉ちゃん』の前の『あさが来た』のヒロインを務めた波瑠(25)と交際していた。“朝ドラヒロイン乗り換え”はスゴい。ドラマと違ってハッピーエンドを迎えてほしいものです」(芸能記者)

※週刊ポスト増刊2017新春スペシャル

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン