• TOP
  • 国内
  • 青年漫画誌・スピリッツが「社会派に転向」の理由

国内

2017.03.13 07:00  NEWSポストセブン

青年漫画誌・スピリッツが「社会派に転向」の理由

武井咲さんが表紙を務める3月13日発売号

 雑誌販売の低迷に、歯止めがきかない。出版科学研究所が公表した書籍と雑誌を合わせた推定販売金額は前年比3.4%減の1兆4709億円、そのうち雑誌が前年比5.9%減の7339億円だった。ピークを記録した1997年に、その額は1兆5644億円だったことを考えると、ほぼ半減したといえる。

 出版各社はもう一度、雑誌に読者を呼び戻そうという新たな取り組みを始めている。年末年始は出版物流を休止するのが慣例だったが、昨年大みそかには雑誌・書籍の「特別発売日」を設定、発行総部数870万部が刊行された。またファッション誌では、バッグや小物を付録にする取り組みを進化させて独自ブランドの立ち上げを行って、販売部数を伸ばした例もある。

 そんな状況の中、漫画雑誌でありながら特集主義という挑戦を行っているのが、青年漫画誌『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)だ。昨年7月、参院選に合わせて「日本国憲法」全文と漫画家13人のイラストを載せたとじ込み冊子を付録につけて、大きな話題を呼んで完売を記録。その後も「80年代アイドル特集」「ファーストクラス特集」「文学特集」「猫特集」といった特集号を刊行し、これまでの漫画雑誌のイメージをくつがえす取り組みを続けている。

 3月13日発売号では、東日本大震災から6年経過したタイミングに合わせて「特集 君と僕の防災」と題した「防災特集号」を企画。表紙には武井咲を起用し、『伝染るんです。』の吉田戦車氏イラストによるカラフルな「防災ミニブック」を2冊とじ込み付録にした。1冊は自分自身に、もう1冊は大切な人へプレゼントしてほしいという漫画誌ならではの趣向をこらした特別付録のほか、グラビア・特別読み切り漫画・記事を合わせて計42ページというボリュームを持った特集号となっている。

 企画に携わった同誌・浜本邦生副編集長が語る。

「防災というのは、どれだけ自分ひとりが備えていても仕方がないところがあると思います。身近で大切な人こそ、いざという時のために備えておいてほしいものじゃないでしょうか。だから、防災について考えることは誰かのことを真剣に考えることでもあるはず。今号、2冊付く『防災ミニブック」が、自分の足もとを見つめ直すキッカケになれば嬉しい」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス