• TOP
  • 国内
  • 雅子さま 長野県スキー旅行での知られざる「交流の場」

国内

2017.04.07 16:00  女性セブン

雅子さま 長野県スキー旅行での知られざる「交流の場」

恒例のスキー旅行は交流の場でもあった

 東京都心で桜が満開を迎えた4月2日の朝7時半、天皇皇后両陛下は、皇居・北桔橋門から皇居外周に姿を見せられた。

「両陛下は毎朝、皇居内を散策されますが、外に出られるのは非常に珍しいこと。沿道のシダレザクラが見頃ということで足を延ばされたようで、頭上の桜を見上げながら楽しげに言葉を交わされていました」(皇室記者)

 わずか5分ほどの限られた時間ながら、居合わせた“皇居ランナー”たちににこやかな笑顔を向けられていた両陛下。人々との交流を大事にされる姿勢は、そのまま皇太子ご夫妻にも受け継がれている。

 3月27~31日、皇太子ご一家は静養のため長野県に足を運ばれ、奥志賀高原スキー場で恒例のスキーを楽しまれた。

「愛子さまは白銀に映えるオレンジ色、雅子さまはピンクと白のウエアが印象的でした。ご体調が心配された愛子さまもお元気そうで、雅子さまは念入りにストレッチされていました。宿泊されているホテルのお部屋から、外でバーベキューをしていたスキー客に向かって手を振ったりもされていました」(居合わせたスキー客)

 雅子さまの妹・池田礼子さん一家も同行し、愛子さまが年下の池田さんの息子の面倒を、“お姉さま”のように見られるシーンもあったという。

 このスキー静養はこれまで何度も波紋を呼んできた。初めてお出かけになられたのが愛子さまが3才だった2005年のこと。前年に『適応障害』と発表された雅子さまの療養のためという目的もあった。

「ゲレンデで愛子さまとともに笑顔を見せられる雅子さまの姿が公開され安堵が広がった一方、直前の国体を欠席されたほか、スキーから戻った後に体調を崩され、知的障害者のスポーツ大会『スペシャルオリンピックス』の観戦を出発1時間前に急きょキャンセル。“スキーはできるのに、公務には出られないのか”と批判されたんです」(前出・皇室記者)

関連記事

トピックス