• TOP
  • ライフ
  • 日本の成人男性に関係深い「無駄な医療リスト」5つ

ライフ

2017.04.13 16:00  週刊ポスト

日本の成人男性に関係深い「無駄な医療リスト」5つ

その治療、本当に必要?

 現役医師らが自ら、現代医療に蔓延る「過剰診療」、「無駄な医療」の内部告発に乗り出した。それがチュージング・ワイズリー(賢い選択)だ。2012年に米国の内科専門医認定機構(ABIM)財団が「不要かもしれない過剰な検診や、無駄であるばかりか有害な医療を啓発していこう」と呼びかけたキャンペーンだ。

 その活動は拡大し、現在は全米74の医学・医療の専門学会が協力し、400以上の「無駄な医療」を指摘している。

 この活動は今やカナダ、ドイツ、イタリアなど17か国に広がり昨年10月には日本でも『チュージング・ワイズリー・ジャパン(以下、CWJ)』が立ち上がった。発起人となった七条診療所所長で佐賀大学医学部名誉教授の小泉俊三氏のほか、約20人の現役医師や医療専門家が名を連ねている。

 CWJでは、日本独自項目の啓発を行なうと同時に、すでに米国で報告されている項目の中から日本人にも有益だと思われるものを翻訳し、ホームページ上で公開している。現在は約50の項目が掲載されているが、そのうち成人男性に関連が深い5つを紹介する。

【1】鎮痛薬は高血圧を引き起こす。心臓や腎臓に疾患がある人は使うべきではない

 痛みを抑える目的で、「NSAIDs(=非ステロイド性抗炎症薬)」と呼ばれる薬が処方されている。しかし、使い方を誤れば危険が迫る。やわらぎクリニック副院長で、CWJメンバーの北和也氏がいう。

「ロキソニンやボルタレン、セレコックスなどが代表的です。高血圧により心臓や腎臓の機能を悪化させてしまうこともあります」

 膝や腰が痛い高齢者が鎮痛剤を服用して血圧が上がり、今度は降圧剤を飲むという“処方の悪循環”に陥る例もあるという。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス