芸能

最新芸能記事のRSS

有村架純の『ひよっこ』 視聴率の後伸びが期待できる理由

2017.04.15 16:00

 ドラマの視聴率は様々な要素が複雑に絡み合うだけに、特に放送開始直後はどちらに転ぶか判断が難しいことが多い。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が新しい朝ドラについて分析した。

 * * *
 4月3日にスタートしたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』。前作『べっぴんさん』の後半が不評だった影響なのか、初回の視聴率は20%台に届かず。その後もなかなか数字が伸びない状況が続いています。

 けれど、『ひよっこ』の評判、次第に上がっていくのではないでしょうか。以下3つの点から可能性を感じます。「時代」「家族」「地域」の描き方において、前作との違いがはっきりと際立つからです。

●その1 「昭和の懐かしさ」徹底して絞りこんだテーマ性

 舞台は北関東・奥茨城村。時代は昭和39年、東京オリンピックの年。ヒロイン・谷田部みね子を演じるのは有村架純さん。女子高生のみね子は、いわゆる「金の卵」となって東京へ。高度経済成長期まっただ中の日本で、時代と格闘しながら「ひよっこ」の殻を破って生きていく……。

 聖火リレーにジェスチャーゲーム。鉄腕アトム、がちょーん、アジャパー。細かい点までいき届いた「昭和」の時代考証。登場人物たちの表情も昭和チックです。喜怒哀楽をまっすぐに出す。子供同士がじゃれあう。先生はゲンコツを落とす。これから大きく成長していく社会。希望が覆っていた昭和の明るさがよく伝わってきます。

 冒頭に流れる桑田佳祐の主題歌「若い広場」も心憎い仕掛け。歌謡曲全盛時の匂いがぷんぷん立ちのぼるメロディ。視聴者は一気に「昭和」の空気の中へ運びこまれる。

 この時期に青春を送った団塊世代は、800万人もいる分厚い層。そこへ届けば大きな反応が期待できる。いや、若い世代にも「昭和の懐かしさ」はウケるはず。今の時代は「懐かしいアナログ時代=新鮮」という構図が成り立つからです。

●その2 家族のキャラクター造形と人間関係

 前作は一人ひとりの表情や個性が乏しく、どんな人物か今ひとつ伝わってこなかった。しかし今作は対象的。支え合う家族の形がきっちりと描かれ、それぞれキャラクターの輪郭も、はっきりしている。キャスティングは父・実を沢村一樹、母・美代子を木村佳乃、祖父は古谷一行。

 その家族の中に、唐突に割って入る叔父の宗男。マッシュルームカットのすっとんきょうなオジサンが、いい味出しています。西洋文化に憧れ日本文化を捨てていく「軽薄」なあの時代の日本を、象徴しているようでもある。宗男を演じるのは「銀杏BOYZ」のミュージシャン・峯田和伸。

 ドラマの視聴率は様々な要素が複雑に絡み合うだけに、特に放送開始直後はどちらに転ぶか判断が難しいことが多い。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が新しい朝ドラについて分析した。

 * * *
 4月3日にスタートしたNHK連続テレビ小説『ひよっこ』。前作『べっぴんさん』の後半が不評だった影響なのか、初回の視聴率は20%台に届かず。その後もなかなか数字が伸びない状況が続いています。

 けれど、『ひよっこ』の評判、次第に上がっていくのではないでしょうか。以下3つの点から可能性を感じます。「時代」「家族」「地域」の描き方において、前作との違いがはっきりと際立つからです。

●その1 「昭和の懐かしさ」徹底して絞りこんだテーマ性

 舞台は北関東・奥茨城村。時代は昭和39年、東京オリンピックの年。ヒロイン・谷田部みね子を演じるのは有村架純さん。女子高生のみね子は、いわゆる「金の卵」となって東京へ。高度経済成長期まっただ中の日本で、時代と格闘しながら「ひよっこ」の殻を破って生きていく……。

 聖火リレーにジェスチャーゲーム。鉄腕アトム、がちょーん、アジャパー。細かい点までいき届いた「昭和」の時代考証。登場人物たちの表情も昭和チックです。喜怒哀楽をまっすぐに出す。子供同士がじゃれあう。先生はゲンコツを落とす。これから大きく成長していく社会。希望が覆っていた昭和の明るさがよく伝わってきます。

 冒頭に流れる桑田佳祐の主題歌「若い広場」も心憎い仕掛け。歌謡曲全盛時の匂いがぷんぷん立ちのぼるメロディ。視聴者は一気に「昭和」の空気の中へ運びこまれる。

 この時期に青春を送った団塊世代は、800万人もいる分厚い層。そこへ届けば大きな反応が期待できる。いや、若い世代にも「昭和の懐かしさ」はウケるはず。今の時代は「懐かしいアナログ時代=新鮮」という構図が成り立つからです。

●その2 家族のキャラクター造形と人間関係

 前作は一人ひとりの表情や個性が乏しく、どんな人物か今ひとつ伝わってこなかった。しかし今作は対象的。支え合う家族の形がきっちりと描かれ、それぞれキャラクターの輪郭も、はっきりしている。キャスティングは父・実を沢村一樹、母・美代子を木村佳乃、祖父は古谷一行。

 その家族の中に、唐突に割って入る叔父の宗男。マッシュルームカットのすっとんきょうなオジサンが、いい味出しています。西洋文化に憧れ日本文化を捨てていく「軽薄」なあの時代の日本を、象徴しているようでもある。宗男を演じるのは「銀杏BOYZ」のミュージシャン・峯田和伸。

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP