国内

皇族の方々、デートで完全2人になれずNG職種の交際相手も

眞子さまと小室さんの交際は5年に及ぶ

 秋篠宮家の長女・眞子さま(25才)が国際基督教大学(ICU)の同級生だった小室圭さん(25才)と5年間の交際を実らせ、ご婚約なさることを発表した。プライベートが広範ではない皇族にとって、異性と出会う数少ない場が学校だ。

 皇族といえば学習院に通われるのが通例だったが、眞子さまは大学からICUにご進学。妹の佳子さま(22才)も学習院大学を中退してICUに入学された。キャンパスでは基本的に、他の学生と同じように自由に過ごせる。

「大学では授業の選択はもちろん、部活やサークル活動も自由に行えます。皇室関係者や名家出身の多い学習院より、国際色豊かで個性のあるICUの方が、眞子さまも佳子さまも羽を伸ばしてのびのびできたはずです。共学でもありますからキャンパスで男性と出会う機会も多かったでしょうね」(皇室担当記者)

 眞子さまが大学2年生の頃、所属するスキー部の合宿に参加された際のプライベート写真がネット上に流出した。部員の男性とともに、大学生活をエンジョイされている眞子さまの笑顔が印象的な写真だった。

「恋愛は自由。表向きは、誰と交際しようと問題ないでしょう。眞子さまも佳子さまも携帯電話をお持ちで、今どきの若い子と同じくLINEやメールなどで男友達とやり取りをされているそうです。意中の男性がいらっしゃれば連絡先の交換はもちろん、デートに行くのも自由です」(前出・皇室担当記者)

 眞子さまと小室さんは5年前、都内の飲食店で行われた留学に関する意見交換会で知り合ったという。気持ちが通じ合ったふたりの恋路には障害もなく…といいたいところだが、これはあくまで建前の話。

 現実には「高すぎるハードル」が待ち構えていた。皇室ジャーナリストの神田秀一氏はこう語る。

「天皇皇后や皇太子一家だけでなく、すべての皇族はどこに行くにも必ず護衛がつきます。腕利きの皇宮護衛官はもちろん、都内ならば警視庁の所轄署が警護するし、他の道府県でも所轄の警察官が警護するので、皇族がフリーになることはありません。異性と2人きりになることは、現実的には不可能です」

 たとえ皇族から「大丈夫なので帰ってください」と言われても、護衛は任務を離れるわけにはいかない。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン