• TOP
  • 芸能
  • 中村獅童が「がん告白」の夜、“酒場トラブル”で警察沙汰に

芸能

2017.06.11 07:00  週刊ポスト

中村獅童が「がん告白」の夜、“酒場トラブル”で警察沙汰に

中村獅童「がん告白」の夜に何が?

 人気の歌舞伎役者が明かした衝撃の告白に、多くの人がその身を案じ、一日も早い快復を祈った。しかしその会見の夜、彼は周囲の心配をよそに、酒に酔って大トラブルに巻き込まれていた。

 神奈川・鎌倉駅から徒歩数分の場所に、スナックやバーが軒を連ねる盛り場がある。5月20日の深夜、その一角にパトカーが駆けつけた。警官に連れられ、小さなバーから数人の男女が出てくる。皆、かなり酔いが回っている様子だ。

 その中で、「俺は何も悪くねぇよ!」と叫んでいたのは、歌舞伎俳優の中村獅童(44)だった。

 獅童が連行される様子を、他の酔客たちが心配そうに見つめている。その理由は彼が有名人だから、というだけではない。重病に侵されていることを世間に公表した直後だったからだ──。

 獅童は5月18日、初期の肺腺がんであることを、直筆の文書で明かした。肺腺がんとは、肺がんの一種で、肺の末梢(気管支の細い部分)に発症するケースが多い。がんの進行に伴い、空咳や血痰、喘鳴などの症状が見られ、体全体に激痛や倦怠感を覚えることもある。初期症状が出にくいため、早期発見は難しい。しかし獅童は書面で、次のように述べている。

〈今見つかったのが奇跡的と言われる程の早期発見で、この状況ですぐに手術をすれば完治するとの担当医師からのお言葉でした〉

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス