• TOP
  • ライフ
  • 26歳まで恋愛経験なしの美人秘書が43歳会社員と結婚した理由

ライフ

2017.08.17 16:00  NEWSポストセブン

26歳まで恋愛経験なしの美人秘書が43歳会社員と結婚した理由

結婚するつもりはなかった女性の心を変えた男性の言動とは

 結婚を夢見ながらも、結婚に惑う女性たち。彼女たちは男性に何を求めているのか? せっせと婚活をしながらも、なぜ結婚ができないのか? 婚活女性たちの結婚の「分岐点」をレポートするシリーズ第5回。

* * *
◆26歳美人秘書レイカはなぜ恋愛未経験だったのか

「26歳で彼と付き合い始めたとき、友人にはびっくりされました。相手が43歳でずいぶん年上、ということもあったし、何より、私にそれまで、恋愛経験がなかったから」

 大手メーカーで秘書として働くレイカさん、現在27歳。熊切あさ美似のスレンダーな美女だが、現在の夫・正樹さん(現在44歳)に出会うまで、誰とも付き合ったことがなかったというから驚きだ。

「男性に興味がなかったわけではないんです。むしろあったと思うし、告白されることがなかったわけでもないし、一度だけ、自分から告白したこともあります。でも、好きな人には好かれなかったり、いいなと思ってる人とは友人で終わってしまったり……。ストライクゾーンが狭かったんでしょうね。妥協したくない、という気持ちもありました」

 父親を早くに亡くし、都内の実家で母と娘、二人で寄り添って暮らしてきた。学校では自他ともに認める優等生で、女子高から有名女子大へと進学する。大学では、他大学の男子学生も多い音楽サークルに入ったが、「男性に対して身構えてしまうところがあった」と振り返る。友人以上、恋人未満の関係から、あと一歩、進まない。「プライドが高い、とも言われましたが、いつか理想の相手と巡り合えると信じていました」

 女子大の友人が恋愛を謳歌している中で、彼氏はいなくとも、生活は充実していたとレイカさんは言う。ヨガ、英語、音楽と趣味が広く、働きはじめてからも、休みがとれると、好きなアーティストを追って、海外のライブにも出かけた。一方で、母親に早く孫を見せてあげたい、という気持ちがいつも頭の片隅にあった。

「一人娘ですから。母は、孫の顔を見るのが楽しみと口癖のように言っていて、だから私も、20代のうちに結婚して、たくさん子供を産まなくちゃ、と思っていました。なのに、私がいっこうに誰とも付き合わないから、母はヤキモキしていたようでしたね」

 25歳になった頃、そろそろ彼氏がほしいと、焦りが出てくる。

「職場の友人に、付き合ったことがないというと引かれるようになってきて……。よほど理想が高いんだね、とか、どんな金持ちを狙ってるの? とか。少しずつ、傷つくようになってきました。私は一人で充実してる、と反論したくもなるのですが、母のことを考えると、振り切れない自分もいて。それに、彼氏と幸せそうにしている友人を見ると、自分自身が、男性と付き合ってみたいと思うようになったのです。私には、人生の大きな楽しみがひとつ、欠けているんじゃないかと」

 行動を起こさねば、と決意する。友人に誘ってもらって、合コンに出かけるようになった。

関連記事

トピックス