国内

愛子さま 7人の仲間を失った高校生たちとの感動秘話

那須御用邸での静養で特別な経験をされた愛子さま

 8月30日、皇太子ご一家は那須御用邸(栃木県)での静養を終えて帰京された。お帰り2日前の28日、ご一家は『那須どうぶつ王国』に足を運ばれた。愛子さまと皇太子さまはチェックのシャツ姿。雅子さまはストライプのジャケットをお召しになっていた。

「鷹や鷲、ミミズクが観客の頭上スレスレを飛び回ったり、オウムの仲間のヨウムとおしゃべりを楽しむバードパフォーマンスショーをご覧になっていました。また、ラクダの騎乗体験などもされていました。愛子さまはお友達の妹に話しかけられるなど、終始楽しそうな表情でした」(皇室記者)

 那須での静養中には、どうぶつ王国をはじめ、『藤城清治美術館』や『テディベアミュージアム』などに足を運ばれるのが恒例となっている。

「訪問されるのは閉館日や、一般のかたが帰った営業終了後というのが通常でした。ですが、8月24日に『藤城清治美術館』と『テディベアミュージアム』にお出ましになった際には一切の制限がなく、ご一家は和気藹々といったムードで居合わせた人との交流を楽しまれていました。愛子さまは、小さな男の子からポストカードをプレゼントされるというサプライズにも笑顔で応じていらっしゃいました。これまでとは打って変わったような『神対応』の連続でした」(前出・皇室記者)

 そして、その日最後に立ち寄られた『那須ステンドグラス美術館』では、さらに感動的なシーンが待っていた。周囲を那須高原の豊かな緑に囲まれ、中世イギリスの石造りの館がモチーフの同美術館。建物の中には3つの礼拝堂が配置され、美しいステンドグラスが見物客の目を引く。

 皇太子ご一家が到着されたのは、夕方5時半を回った頃。キリストの誕生や洗礼など聖書に登場する場面が描かれた、同美術館最大のステンドグラス『聖書の風景』が設置された『セント・ラファエル礼拝堂』でご一家を待っていたのは、地元・大田原高校合唱部の生徒16人だった。

「以前、この場所で2回発表会を開いたことがあったので、今回ご一家の前で歌うことになったそうです。生徒たちにとっても、いい経験になると同時に、励みにもなったと思います。なにせ、あの事故からまだ半年も経っていませんからね…」(地元住民)

 大田原高校は100年以上の歴史を誇る男子校で、県内でも有数の進学校だ。その名が全国に知れ渡ったのは、今年3月27日に『那須温泉ファミリースキー場』で発生した雪崩事故だった。

 近隣の7校から54人が参加していた登山講習会で、その日は朝から、雪の斜面を進む歩行訓練が行われた。午前8時半過ぎ、ゲレンデ上部付近で降り積もった雪が表層雪崩を起こし、参加者たちを白い濁流となってのみ込んだ。

◆生徒達としっかりと握手も

関連記事

トピックス

パワハラ疑惑の渦中にいる楽天の安樂(公式HPより)
楽天・安樂、パワハラ疑惑でクビは不可避の状況か 「暴行で解雇」デーブ大久保氏の擁護には呆れる声
NEWSポストセブン
逮捕された西成署の巡査(時事通信フォト)
《国際ロマンス詐欺で25歳現役女性警察官が逮捕》柔道インターハイ出場“陽キャ”な「ミニスカポリス」の闇堕ち
NEWSポストセブン
「ヤンキー姉」の愛称で知られる志筑杏里(撮影 加藤慶)
【BreakingDownで話題の元アイドル】ヤンキー姉が語る「ストーカーとの半生」 驚きの対策は「月収、自宅、交際遍歴をすべて公開」
NEWSポストセブン
VIP席の一角に中居正広の姿が
中居正広が元RIP SLYME・SUの誕生パーティーで「バンザイ」 屋上クラブでの“完全復活”姿
週刊ポスト
相撲協会の理事選出馬に野心を見せていた宮城野親方だったが…(時事通信フォト)
元横綱・白鵬の宮城野親方、協会理事選不出馬の内幕 “貴の乱”の二の舞いを許さぬ執行部の包囲網、野望は潰えたのか
週刊ポスト
池田大作・名誉会長は一体いつまで“健在”だった?(時事通信フォト)
【13年間の不在】池田大作・創価学会名誉会長はいつまで“健在”だったのか 2年前に目撃した教団施設に入った巨大バス
週刊ポスト
山口晋・自民党衆議院議員(左/時事通信フォト)と20代女性A子さん(右)
山口晋・自民党衆議院議員の20代女性への“泥酔キストラブル”に地元大揺れ 父の山口泰明・元党選対委員長が「愛する息子に継がせるため」にしてきたことは
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所「テレビが映さない表彰式」の驚き 栄えある「年間最多勝」の表彰時に観客がこんなに少ないなんて!
NEWSポストセブン
A子さん(左)は被害届を提出し、山口晋・衆院議員も警察に相談(右写真=共同通信社)
【全文公開】自民党・山口晋衆院議員が「泥酔女性にキス」でトラブル 女性は被害届提出、山口議員は“恐喝された可能性”で警察に相談
週刊ポスト
(ハーレーダビッドソン・ジャパンの公式YouTubeチャンネルより)
永野芽郁、初マイバイク「ハーレーダビッドソン」ライド動画が大好評 バイク仕事のオファー殺到間違いなしか
NEWSポストセブン
池田大作氏の訃報に政界で最も敏感に反応したのは岸田文雄・首相だった(写真/共同通信社)
岸田首相が創価学会・池田大作名誉会長死去で「異例の弔問」 政権に不満を抱える学会員に“媚び”を売る下心か
週刊ポスト
番組を再度欠席した神田正輝
《旅サラダを2週連続で欠席》神田正輝、検査入院拒んでいた背景に「悪いところがあれば自分でわかる」長年の病院嫌い
NEWSポストセブン