国内

紀子さまの誕生会に異例の皇太子ご一家出席 その裏側

紀子さまの誕生会には美智子さまの強いお気持ちが

 東京・千代田区にある『喜山倶楽部』は、1931年創業の伝統ある大規模パーティー会場だ。和会席からフレンチのコースまで専門スタッフが一流の腕を振るう同会場のケータリングが、9月11日の夕方、皇族方が暮らす赤坂御用地へと次々と運び込まれていった。

 その夜、御用地内にある秋篠宮邸で、紀子さまの51才の誕生日を祝う夕食会が行われた。3日に眞子さまと小室圭さんの婚約内定会見が行われ、6日に悠仁さまが11才の誕生日を迎えられた。誕生会の翌12日には、佳子さまが留学のためイギリスへと旅立たれた。

 秋篠宮家にとって、立て続けに大きな転機が訪れた中にあって、紀子さまの誕生会にもまた異例の光景が広がっていた。

 夜6時半、誕生会に出席されるため、天皇皇后両陛下を乗せた車が御用地内へと入っていった。

「皇太子ご夫妻の誕生会に両陛下が招待され、東宮御所に足を運ばれるのは毎年の恒例ですが、紀子さまの誕生会に両陛下が顔を出されたというのは、過去に聞いたことがありません。眞子さまの婚約を陛下がお認めになった『裁可』へのお礼や、佳子さまがしばらく日本を離れられるということもあって、今回両陛下が出席されることになったそうです」(皇室ジャーナリスト)

 誕生会には黒田清子さん(紀宮さま)と慶樹さん夫妻も参加していた。

「内親王から一般家庭に降嫁した“先輩”として、清子さんから眞子さまへのあたたかい助言などもあったのかもしれません」(前出・皇室ジャーナリスト)

 およそ3時間にわたって楽しまれたという食事と歓談。だが、さらに周囲を驚かせたのは、その場に皇太子ご一家も招かれていたことだった。

「当初、先に出席が決まっていたのは両陛下で、あとになって皇太子ご一家も参加される方向で調整されたそうです。園遊会や新年一般参賀など公に皇族方が揃う機会を除いて、両陛下、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻がプライベートの食事会などで一堂に会されることはほとんどありません。日頃はそれぞれでご公務や宮中祭祀でお忙しく、今回のような私的なご会食は年に数度あるかないか。それだけ貴重で珍しいことなのです。今回の実現の陰にはどうやら、両家の関係の将来を案じ、皇室が末永く国民の心のよりどころとなることを願う美智子さまのお気持ちがあったようなのです」(宮内庁関係者)

◆秋篠宮さまだけ残られた1時間

関連記事

トピックス

スキンヘッドの渋谷容疑者(2006年に行われた会見)
《一夫多妻の白いハーレム》近隣住民が目撃した、元占い師の逮捕現場一部始終「有害物質が出ているから窓を閉めて!」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
“妻”を侍らせる渋谷容疑者(『週刊ポスト』2006年2月10日号より)
《一夫多妻ハーレム生活の全貌》逮捕された元占い師(74)が過去に明かしていた「求めている女性がいれば、その女性と」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れた女性(SNSより)
【迷惑行為動画】渋谷のZ世代はどう思うのか「刑事と民事ってナニ?」「少年法で守られる」の声 河野大臣の声は届かない
NEWSポストセブン
中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン