• TOP
  • スポーツ
  • 競馬新聞に載る厩舎コメントは果たして役に立つのか?

スポーツ

2017.11.25 07:00  週刊ポスト

競馬新聞に載る厩舎コメントは果たして役に立つのか?

 そうやってきっちりと線引きするのは、単に忙しいから。ずっと馬と一緒にいて、調教師の本筋の仕事に時間を使いたいのです。もちろん、調教で馬に乗るのは助手なので、彼らがコメントするのが当たり前という思いもあります。

 かつての苦い経験もありました。

 私が話したことが一から十まですべて紙面に載ることはない。必ず「中抜け」されます。たしかにそう言ったんだけれど、文脈の中での意味が伝わらないことがある。面白い言葉だけをつなげられたりすると誤解を招き、「どうして、こんな大げさなことを言うのか」と馬主さんから叱責を受けることも珍しくないのです。

 スポークスマンのコメントは、調教師のそれよりも重くない。軽視ということではなく、「調教師の口調がいつもと違って力強い」などの類推を排除できるという意味です。

 スポークスマンのコメントを、私はチェックしません。信頼し、任せています。結果、目を引くような過激なコメントは見られず、さし障りのないものが多くなる。角居厩舎のコメント欄はそれほど面白くないわけです。

 しかし、馬柱には印が付きます。新聞記者は厩舎発信の情報が少ない中で印を打つ。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス