スポーツ

最新スポーツ記事のRSS

貴乃花親方 7年前の貴闘力解雇処分を盾に徹底抗戦の構え

2017.11.27 07:00

 相撲協会は真っ二つに分断された。「日馬富士暴行事件」に端を発した対立で、八角理事長(元横綱・北勝海

 相撲協会は真っ二つに分断された。「日馬富士暴行事件」に端を発した対立で、八角理事長(元横綱・北勝海)と貴乃花親方の関係は修復不能となり、もはやどちらかが相手陣営を「崩壊」させる決着以外、あり得なくなった。

 機先を制したものの逆に強烈な張り手で一気に劣勢に追い込まれたかに見える貴乃花親方は堅く口を閉ざしたままで、八角理事長からの事件についての調査協力要請に対しても拒否を貫いた。

 この間、貴乃花親方の数少ない肉声を耳にしていた親交のある後援者の一人は、その心中をこう代弁してみせた。

「最初から矛を収める気はありませんよ。親方は騒動が表沙汰になった後に、『貴ノ岩のケガ自体は大したことはないが、(暴行は)間違いなく重大な問題。被害届を出したのは警察に調べてもらうためで、本場所が終わってから公表する予定だった』と説明していた。“先に協会に報告したら揉み消される”と考えていたのだと思う。

 それからというもの『警察の捜査が進んでいるから』と口を噤んでいるのは、弁護士のアドバイスに従ってのこと。貴ノ岩への暴行については民事訴訟などの法的手段を取ることも考えている。現役時代の貴乃花親方の相撲に心酔して入門した貴ノ岩は、引退覚悟で親方についていくつもりだ」

 そして、貴乃花親方が反撃に打って出るのは、「日馬富士の処分内容が決まったタイミングになる」と語るのは、別の後援者だ。

「日馬富士に引退勧告せず、2~3場所の出場停止処分で済まそうとする可能性は十分にある。そうなれば、貴乃花親方と(日馬富士の師匠の)伊勢ヶ濱親方(元横綱・旭富士)との恩讐(*)に加え、“あの仕打ち”まで絡んでくることになるから、さらに因縁深い話になってくる」

【*昨年2月の理事選では協力関係にあった両親方だが、同3月の理事長選を境に伊勢ヶ濱親方が執行部サイドに接近し、関係が悪化したと見られている】

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP