• TOP
  • スポーツ
  • 日馬富士暴行現場はモンゴル横綱がモンゴル若手締め上げる会?

スポーツ

2018.01.30 07:00  週刊ポスト

日馬富士暴行現場はモンゴル横綱がモンゴル若手締め上げる会?

貴乃花文書の衝撃内容とは(共同通信社)

 昨年12月20日に公表された、日本相撲協会の危機管理委員会がまとめた「調査結果報告書」をもって、元横綱・日馬富士による貴ノ岩への暴行事件については終結としたい協会執行部。ところが、貴乃花親方は昨年末、代理人を通じて2通の意見書を協会に提出していた。

 取材によれば、協会の報告書は日馬富士ら加害者側の言い分により白鵬が不利にならないよう記している部分が多いのだという。とにかく協会の報告書と貴乃花親方の意見書に数々の食い違いが見られるというのだ。ただ、貴乃花親方の「意見書」が、結果として白鵬の振る舞いを指弾するような内容となったのは、当然の帰結という見方もある。貴乃花一門の関係者はこういう。

「事件当夜の会合には他にも、モンゴル勢のガチンコ力士が呼び出されていて、その力士は理由をつけて欠席したという証言もある。要するにあの会合は、白鵬を筆頭とするモンゴル人横綱たちが、若手モンゴル人力士を呼びつけて締め上げる会だったのではないか」

 現役時代からガチンコ相撲を貫いてきた貴乃花親方がそうした会合自体を問題視するのは当然だろう。

「角界の最高位を占める同郷の横綱から呼び出され、その場で殴られれば、若手力士は当然、委縮する。その場だけでなく、本場所の土俵でも、全力でぶつかっていけるかどうか。

 しかも、危機管理委員会が作成した報告書では、“会合にモンゴル勢が揃ったのは偶然”というニュアンスが強調されていた。そうした協会側の姿勢に、貴乃花親方が不審を抱くのは当然ですよ」(ベテラン記者)

関連記事

トピックス