• TOP
  • スポーツ
  • 相撲協会理事選 カギは「隠れ貴派」の存在と「無記名投票」

スポーツ

2018.02.01 07:00  女性セブン

相撲協会理事選 カギは「隠れ貴派」の存在と「無記名投票」

いよいよ注目の相撲協会理事選(写真/アフロ)

 大一番が目前に迫った。日本相撲協会の理事選が2月2日に行われる。貴乃花親方(45才)と相撲協会の昨年来の土俵外バトルの、まさに“千秋楽”。でも、新聞やテレビでは、理事選の対立の構図がいまいちわからないという人は多いはず。

 実際、スポーツ報知が「貴親方 理事落選危機」(1月29日付)と報じた一方、『真相報道バンキシャ!』(1月28日放送・日本テレビ系)で貴乃花親方は理事選について「なんにも決まってない」とニコニコの笑顔。貴乃花親方はピンチなのか余裕なのか、いったいどっちなの?

 理事の定員は10名。2月1日の受け付けで11人以上の立候補者が出れば選挙になる。理事選は親方全101名の投票なので、9~10票が当選ライン。報道で多い解説は「貴乃花一門の親方は11人なので獲得できる票は11票。だから貴一門から1人しか当選しない」というもの。

 だがこの見方は間違い。最大のポイントは、理事選が「無記名投票」で行われることだ。

「以前は記述内容をチェックされながらの投票でしたが、8年前から完全無記名、チェックなしになりました。親方は所属する各一門で推薦された候補者に投票すると思われていますが、無記名投票なら一門の候補者に投票しなくてもバレない。だから面従腹背や裏切りが可能なんです」(相撲ジャーナリスト)

 注目すべきは「隠れ貴派」の動向だ。

「角界の最大派閥・出羽海一門には親方が31人いますが、山響親方(元前頭・巌雄)や玉ノ井親方(元大関・栃東)は貴乃花シンパとみられます。貴乃花親方の“天敵”である八角理事長が所属する高砂一門でも、陣幕親方(元前頭・富士乃真)は長女が貴乃花親方の長男・花田優一さんと結婚し、心情的にも貴乃花に近いとされます」(前出・ジャーナリスト)

 つまり、貴乃花一門以外にも貴乃花親方を支持する若手親方が結構いるということ。

 貴乃花一門からは複数の立候補も噂される。この状況で投票になれば、アッと驚く結果になるかもしれない。ベテラン相撲記者も「直前までこんなに読めない理事選は初めてです」と興奮気味だ。

「“隠れ貴派”の親方がどれほどいるかわからず、票の行方がまったく読めません。フタを開ければ、雪崩を打ったように貴派が圧勝するかもしれない。他の一門の立候補者も、支持者のなかから離反者が出ないか気が気でなく、懸命に締めつけを行っています」

 大番狂わせは起こるか。

※女性セブン2018年2月15日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス