• TOP
  • 芸能
  • 俳優からフレームアウトする斎藤工 監督、作家、写真家も

芸能

2018.03.05 07:00  NEWSポストセブン

俳優からフレームアウトする斎藤工 監督、作家、写真家も

多才ぶりを発揮している斎藤工

 斎藤工(36才)の活躍がめざましい。俳優業にとどまらず、各方面で多才な才能を発揮しているのだ。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがその魅力に迫る。

 * * *
 一般的な斎藤工さんのイメージといえば、やはり『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ)で見せたセクシーさでしょうか。しかし、近年はさまざまな活動で「面白い」、さらに「何をするか分からない変わった人」というイメージを与えています。

「面白い」のきっかけは、2016年大みそかの『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』(日本テレビ系)。サンシャイン池崎さんのネタを絶叫で演じ切って爆笑を集めました。その後も同じ姓のトレンディエンジェル・斎藤司さんの「斎藤さんだぞ」を全力で演じるなど、振り切った姿を披露。つい先日も、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)でプチブレイク中のピン芸人・ひょっこりはんのネタをコピーしていました。

 一方で、昨年はモデルとしてパリコレに出演し、映画『昼顔』が公開されるなど、再びイメージ通りのセクシーな路線も。しかし、直後に映画『蟲毒 ミートボールマシン』で全身グリーンの宇宙人を演じたほか、『Y!mobile』のCMでは、にゃんこスターのスーパー3助さんになり切るなど変幻自在です。

 さらに極め付けは、今年1月のドラマ出演。当初は『BG ~身辺警護人』(テレビ朝日系)のみの出演と思われていましたが、深夜ドラマ『MASKMEN』にも出演していたのです。

 同作は野生爆弾・くっきーさんプロデュースの覆面芸人・人印(ピットイン)をフィーチャーしたドキュメンタリードラマですが、スタート後に覆面の中身が斎藤さんであることが分かると、各所で驚きの声があがりました。

 本気で芸人を目指す姿や、くっきーさんならではのシュールな芸風に、「サンシャイン池崎やスーパー3助のときも驚いたけど、これは異次元すぎる」という声が続出。しかし、斎藤さんには一切照れがなく、シリアスに演じているため、「もしかしたら本気か?」「この人ならやりかねない」と感じている人も多いようです。

◆芸人へのリスペクトと「一日一生」

関連記事

トピックス