芸能

菅野美穂、神田うの・伊東美咲らのセレブママ会入り報道に困惑

セレブママ会仲間入り報道に困惑か

 今年、芸能界は出産ラッシュ。武井咲(24才)、押切もえ(38才)、丸岡いずみ(46才)、保田圭(37才)らが次々とママに。仲間由紀恵(38才)や佐々木希(30才)も妊娠を発表し、プレママも続々誕生している。

 そんな中、夫のサポートも仕事も子育てもこなす憧れのママ女優筆頭として名前があがっていたのが菅野美穂(40才)。だが、神田うの(43才)のブログに伊東美咲(40才)、角田ともみ(40才)と一緒に写る写真がアップされ、華麗なるママ友会にデビューしちゃったの!?と驚かれていた。

 でも実情は少し違うようで…。菅野の知人が語る。

「菅野さん、お子さんの育て方についていろいろな“先輩ママ”たちの話を参考にしたいって、同じ事務所の“先輩ママ”である伊東さんにも話を聞いていたみたい。そのつながりで、伊東さんと仲のいい、うのさんのママ会にも参加したんです。菅野さんとうのさんがプライベートで会うのはそれが初めてで、会自体は楽しかったようですが、ちょっとテイストが違ったようで、その後は特に親しくしているわけじゃないんですよ。

 でも菅野さんもセレブママの仲間入りをしたように見られたり、うのさんの派閥に入ったかのようにいわれてしまったので、かなり困惑していると思いますね…。菅野さん、本当に堅実タイプの人ですから」(菅野の知人)

 確かに菅野といえば、夫の堺雅人(44才)と夫婦揃って飾らない地味なライフスタイルで知られる。多忙だが、お手伝いは雇わず料理や家事も自身でこなし、今も夫婦ふたりで地下鉄で移動する姿が目撃されるほどだ。

「もしかして菅野さんは変わってしまったの?という声もあったようですが、今までよりむしろ控えめというくらいまったく変わっていませんよ(笑い)。年明けのハワイ旅行も決してセレブ旅行ではなく、ようやく家族で行ける “お疲れさま旅行”だったんです」(前出・知人)

 菅野は2015年に出産し、翌年すぐに仕事復帰。『砂の塔~知りすぎた隣人』『べっぴんさん』『ひよっこ』『監獄のお姫さま』とこの2年間も立て続けにドラマ出演し、その間は堺が仕事を控えて育児をサポートしていた。年明けの旅行はそんな堺への「感謝旅行」でもあったという。ただし、ハワイでもふたりの庶民ぶりは健在。

「安いスーパーやコスパのいいレストラン、カフェの行列に並んでる姿を何度も見ました」(ハワイ在住の日本人)

 慎ましく家族思い、そんな姿の方が、やっぱり菅野ちゃんらしいかな。

※女性セブン2018年4月12日号

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン