• TOP
  • スポーツ
  • 羽生結弦の凱旋イベント、正真正銘のサプライズ演技

スポーツ

2018.04.18 16:00  女性セブン

羽生結弦の凱旋イベント、正真正銘のサプライズ演技

ショーを終えて都内の高級シティーホテルに帰ってきた羽生(15日夕方)

 東京・新宿にある高級シティーホテル。4月14日夕刻、フィギュアスケート界の往年のレジェンドたちが次々とロビーに姿を見せた。2006年トリノ五輪金メダリストの“皇帝”エフゲニー・プルシェンコ(35才・ロシア)。2008年世界選手権王者ジェフリー・バトル(35才・カナダ)。そして金髪美女のシェイ=リーン・ボーン(42才・カナダ)は2003年世界選手権の女王だ。

 彼らの共通点は、現役のレジェンド・羽生結弦(23才)と縁が深いということ。プルシェンコは羽生の憧れの選手で、ジェフリーとシェイは羽生の振付師だ。

 その日の午後、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)の室内リンクで、羽生プロデュースのアイスショー『Continues~with Wings~』が開催された。ホテルに泊まっていたのはショーの出演者たち。もちろん羽生自身もこのホテルに宿泊していたが、人目を気にしてか、ロビーに姿を見せることはなかった。

 夜10時頃のこと。ホテル内のコンビニで、スーツにネクタイ姿の男性が食料品を買い込み、客室階に上がっていった。羽生の父親だった。

「羽生くんに付き添うのはいつもお母さんです。練習拠点のカナダでは2人暮らしをしていて、移動するときも試合会場でも必ず一緒です。しかし、お父さんが姿を見せるのは珍しいですね。2月の平昌五輪でさえ、自宅で観戦されたそうですから。地元・仙台で学校の教師をされているので、ご多忙なのでしょう」(スポーツ紙フィギュア担当記者)

 そんな中でもアイスショーに駆けつけたのには、息子にまつわる“騒動”が気がかりだったからだろうか──。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス