• TOP
  • 芸能
  • 渋谷の関ジャニ∞脱退 メンバーからの休業提案も拒否

芸能

2018.04.19 07:00  女性セブン

渋谷の関ジャニ∞脱退 メンバーからの休業提案も拒否

不可解すぎるタイミングの脱退

 4月15日、関ジャニ∞の渋谷すばる(36才)が記者会見を開き、グループ脱退を表明。今年の12月31日をもってジャニーズ事務所からも退所する。会見には、グループのメンバーが同席して、渋谷のこれからにエールを送った。

 21年間、共に時間を過ごした同い年の村上信五(36才)は「すばるの、まだ聞いたことのない音楽を聴くまで、お互いがんばろうと話をした」と言い、錦戸亮(33才)は「すごい覚悟。すばるくんを尊重し、応援したい」と語った。横山裕(36才)も、丸山隆平(34才)も、大倉忠義(32才)も、けがで欠席した安田章大(33才)も一様に、残念さを滲ませながら、渋谷の背中を押した。

「いつまでもオレらは仲間やで」──そんな関ジャニ∞のメッセージが伝わってくるようだった。

 しかし、どうも不可解なことが多いのだ。渋谷がジャニーズを退所するのは、今年の12月31日だという。ならばなぜ、7月15日からスタートする全国5大ドームツアー14公演(札幌、名古屋、大阪、東京、福岡)に出演しないのか。しかも、そのツアーは関ジャニ∞のデビュー15周年イヤーの皮切りとなる記念ライブだ。ファンの前で歌うことなく、会見だけであっけなく終わるのは、あまりに寂しい。

「ファンのことを思えば、何も言わず15周年をしっかり務めあげてから脱退報告をすればいちばんよかった。それなら本当に納得して送り出すことができたはず。すばるくんは何をそんなに焦って辞めようとしているのか…と思います。最終的には15周年を前向きにスタートを切る最高の舞台にするために“すばるくんなしでステージを行う”とメンバー6人が話し合って決めたようです」(事情を知る関係者)

 脱退会見に、他のメンバーが揃って出席するというのは、ジャニーズ史上、“超”異例のことだ。1996年5月にSMAP・森且行(44才)、2010年7月にKAT-TUN・赤西仁(33才)がグループからの脱退を明らかにした際も、メンバー揃っての会見は行われなかった。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス