• TOP
  • 国内
  • 日本は知らない間に“銃大国”、電車やバスでの持ち運び可能

国内

2018.04.24 07:00  女性セブン

日本は知らない間に“銃大国”、電車やバスでの持ち運び可能

いつの間にか“拳銃大国”になっていた日本(写真/アフロ)

 国宝・彦根城や、ゆるキャラ「ひこにゃん」で知られる滋賀県彦根市。日頃のどかな町で、凄惨な事件が起きてしまった。4月11日午後7時50分ごろ、同交番に勤務する19才のA巡査が、上司の井本光巡査部長(41才)を交番内で射殺するという前代未聞の殺人事件が発生したのだ。

 日本で生活していると、拳銃とは縁遠い。しかし、実際のところ15万丁もの拳銃が国内で違法に流通しているといわれている。そして、私たち一般市民でも、比較的手に入りやすい銃がある。「猟銃(散弾銃、ライフル銃、空気銃)」だ。

 シカやイノシシ、クマなどの大型動物を一撃で仕留める猟銃は銃刀法で管理されているが、各都道府県警の許諾があれば誰でも入手できる。猟銃を手に入れる大まかな流れは以下の通りだ。

 まず所轄警察の生活安全課に申請し、講習を受けた後に筆記試験がある。これに合格すれば住民票や医師の診断書を提出し、半日程度の実技講習を受ける。ちなみに筆記試験の合格率は6割程度。医師の診断書はアルコール中毒や精神疾患がないかをチェックするもので、民間射撃場で行われる実技講習は、講師の言うとおりにすればほぼ間違いなく合格する。

 実技講習をパスしたら教習終了証明書をもらい、銃砲店に行って購入する銃を探す。多くの銃は数万~十数万円程度で意外と安い。

「購入する銃が決まったら店から譲渡等許諾書を受け取り、その他の書類とともに各都道府県警に銃所持許可を申請すると、通常35日以内に『所持許可証』がもらえる。後は銃砲店に許可証を持っていき、購入した銃を引き取るだけです」(ある猟銃免許所持者)

 現在の銃所持許可証保有者はおよそ20万人。許可証の有効期間は3年だが、更新すれば継続できる。実際に芸能人の「銃愛好家」は多く、岩城滉一(67才)、小倉智昭(70才)、堺正章(71才)、ヒロミ(53才)らが射撃好きとして名を馳せる。

 だが安易な銃所持にはさまざまなリスクがある。猟銃を用いた凶悪事件はたびたび発生しており、2007年には佐世保市のスポーツクラブで散弾銃が乱射され8人が死傷し、2010年にも大阪府羽曳野市の猟銃乱射で3人が射殺されている。

 暴発の恐れも大きい。2007年には東京・目黒の医師宅で手入れ中の猟銃が暴発して2才の幼児が亡くなった。元北海道警銃器対策課勤務で「銃対のエース」と呼ばれた稲葉圭昭さんが語る。

コメント 1

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス