国内

最新国内記事のRSS

初の女性宰相は? 古谷経衡が野田聖子を激推しする理由

2018.06.07 07:00

 財務事務次官のセクハラ騒動、そして、その対応を巡って失言を繰り返す政治家たち。霞が関や永田町の「女

 財務事務次官のセクハラ騒動、そして、その対応を巡って失言を繰り返す政治家たち。霞が関や永田町の「女性蔑視」姿勢が露わになった。「日本中枢のエリートたちの“男性優位”思考を改めるのは一筋縄ではいかない。女性首相が誕生するぐらい抜本的な変革が必要」と文筆家・古谷経衡氏は指摘する。なかでも古谷氏が期待をかけるのが野田聖子総務大臣である。

 * * *
 野田聖子の不妊治療を巡る体験は、壮絶である。事実婚の夫・鶴保庸介(当時)と共に不妊治療を受け続け、体外受精に及ぶこと14回。失敗につぐ失敗でようやく実った奇跡であった。が、ようやく授かった子は、不幸にも切迫流産してしまう。

 普通ならここで挫折の道が待っていると思うが、野田はあきらめない。野田は、鶴保庸介と2007年に離別し、2011年に一般男性と結婚したことに前後して、体外受精で出産に成功した。このとき野田は50歳。卵子は米国人女性のものを着床させ、精子のみ野田の結婚相手のものだった。

 つまり野田は、自身の卵子での出産を断念せざるを得ないにもかかわらず、出産を希望したのである。にしてもこの年齢は「高齢出産」という域を超えた未知の領域に思える。

 議員活動をしながら、これだけの「試練」に立ち向かう野田聖子というひとりの人間に、私は驚嘆と感動を覚えた。こんなことは、並大抵の意思でできることではない。「きょうからダイエットを始めよう」とか、そんな生半可で、中途半端で、どうでもよい決意と野田のそれとは比べるべくもない。

 そしてこの間、野田は郵政民営化に反対して自民党を離党。地盤の岐阜1区にて無所属で立候補するも、小泉から刺客を送られて徹底的に望まない抗戦を強いられるのである。しかしそのたびに、野田は敗北することなく勝利をつかみ取ってきた。最終的に野田は自民党に復党する。

 だが野田は従順ではない。2015年9月の自民党総裁選では総裁選立候補を表明するも、推薦人20名を集められず断念。安倍は無投票で総裁に選出された。だが、野田の野心は小池百合子のように自民党の外で継続されるのではなく、自民党の中からまるで自民党という殻を食い破って産まれ出る何かのように、その野心をたぎらせている。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP