• TOP
  • 国内
  • 紀州のドン・ファン 消えた「もうひとりの花嫁候補」の告白

国内

2018.06.10 16:00  週刊ポスト

紀州のドン・ファン 消えた「もうひとりの花嫁候補」の告白

 彼女のいう「事件」とは、2016年12月、高級デートクラブで知り合った自称モデルの女性が、野崎氏の自宅から6000万円相当の金品を盗んだ容疑で逮捕された一件だ。絵美さんが続ける。

「でも、しつこく男性に『アンタなら一度遊びに行けば50万円はもらえる』と言われたので、恐る恐る電話してみることにしました。『おじさんには俺のことは言うな』と言われていたので、野崎さんに『久しぶり』って嘘をついて。『どこで会った?』と聞かれたので、『空港だったかな』って誤魔化しました。意外とその嘘が通じて、1月初めに和歌山で会うことになったんです。正直、お金目的でしかなかった」

 野崎氏とSさんが出会ったのが昨年11月。この時、野崎さんはSさんと交際中だったことになる。絵美さんが電車を乗り継いで昼頃に紀伊田辺駅に着くと、野崎氏は駅前で絵美さんを待っていたという。

「すぐに彼の自宅に行くことになりました。その日はお手伝いさんはいなくて、従業員の人がお寿司を持ってきてくれました。私が野崎さんに『40万円くれるんよね?』と聞いたら、『ダメダメ、そんなにあげたことない』って言われて、25万円に値切られました。体が悪いから仰向けのまま、手でしてあげました。そのまま夜まで一緒に寝て。

 夜中の3時頃に起きて、愛犬のイブちゃんも連れて近くにある会社の自販機のお金を回収する仕事についていきました。会社にも一緒に行ったんですけど、Sさんの写真があって、『この人誰?』って聞いたら『愛人や』って言ってましたね。1月25日にまた会ったんですが、その時はさらに『15万円』に値切られました……」

関連記事

トピックス