• TOP
  • 芸能
  • 本木雅弘の長男UTA、自分の力試したいとパリの事務所と契約

芸能

2018.06.27 16:00  女性セブン

本木雅弘の長男UTA、自分の力試したいとパリの事務所と契約

パリコレデビューを果たしたUTA(写真:abeca/アフロ)

 本木雅弘(52才)と内田也哉子(42才)の長男が「UTA」としてモデルデビューを果たしていた──。「内田家」ほどユニークな存在感のある一族は他にない。「祖母」は異能の名女優、「祖父」は孤高のロックンローラー、「母」は不思議なオーラの一人娘、「父」はこだわりの俳優。そんな“濃いキャラ”同士が、どんな化学反応を起こして、「新たな才能」を世に送り出すのか。

 1995年7月、元シブがき隊の“モックン”こと本木雅弘の結婚は世間をアッと驚かせた。理由はお相手が、女優・樹木希林(75才)とロックンローラー・内田裕也(78才)という“個性派夫婦”の一人娘・内田也哉子であったこと。そして、本木が内田家の「婿養子」に入ったことだった。

「『内田』のやってきたことを将来、思い出してくれる人がほしい。滅んでいく家を救ってください」

 そう樹木らしい表現で本木を説得し、養子縁組が実現したという。その2年後の1997年10月、内田家の未来を託せる長男が誕生した。名前は、雅樂(20才)。読み方は「うた」と言い、雅樂には「日本古来の神に捧げる音楽や歌」という意味が込められているという。

 それから10数年後。一部の映画関係者の間では、樹木が海外の映画祭に出かけると、いつも同じ「長身の青年」が寄り添っていることが知られるようになった。逞しい体つきに似合わず、おとなしく謙虚な性格。ネイティブのような流暢な英語を操る、樹木の「専属通訳」。試写会に登壇する樹木の横に立ったこともある。

 2018年6月20日、世界最高峰のファッションショー「パリ・コレクション」の会場。本木と也哉子夫婦が並んで座り、日本のブランド「アンダーカバー」のランウェイを見つめていた。スポットライトの下を歩くのは、あの「長身の青年」だ。

 あのアジア系モデルは一体、何者なんだ――世界中から集まったファッショニスタたちが、その新人モデルについて囁き合ったという。モデルの名は「UTA」。つい先日、同じくフランスのカンヌで称賛された名女優が待望した初孫だとは、誰も気づくことはなかった。

「UTAくんは13才頃に身長174cmの本木さんと同じ背の高さになりました。今では、なんと195cmと規格外の長身です。考えてみれば、希林さんは160cm、裕也さんは175cmと、あの世代の人としてはかなり大きい。祖父母の影響なんでしょうね。ワイルドな風貌は父親譲りですが、優しい目元はお母さんに似ています」(内田家の知人)

 UTAの下には、長女の伽羅(きゃら・18才)と次男の玄兎(げんと・8才)がいる。

「伽羅ちゃんは2011年の映画『奇跡』で樹木さんと共演し、話題を集めました。そのオーディションを勧めたのが樹木さんでした。UTAさんのモデルデビューも、樹木さんの後押しがなければ実現しなかったでしょう」(芸能界関係者)

◆スイスの寄宿舎まで祖母が付き添い

関連記事

トピックス