• TOP
  • 芸能
  • 吉岡里帆 「生活保護」担当職員を演じる意気込み語る

芸能

2018.07.14 16:00  NEWSポストセブン

吉岡里帆 「生活保護」担当職員を演じる意気込み語る

「生活保護」を担当する新人ケースワーカーを演じる吉岡里帆

 最旬女優・吉岡里帆が、7月17日より放送開始となる連続TVドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(カンテレ/フジテレビ系 毎週火曜夜9時~)で、主人公の義経えみる役を演じる。同ドラマの原作コミックが連載されている「週刊ビッグコミックスピリッツ」33号(7月14日発売)で、吉岡が表紙・巻頭グラビア、インタビュー記事で登場。「生活保護」を担当する新人ケースワーカーという難しい役柄を演じるに当たっての思いと意気込みを以下のように語ってくれた。

 * * *
 原作『健康で文化的な最低限度の生活』を読んで、とても心を動かされました。「生活保護」というデリケートで難しい題材に果敢に斬り込まれていて。賛否両論、いろいろな意見がありますよね。

 その中で、受給者の方の側からも、ケースワーカー側からも、税金を払っている一般の人たちからの意見も汲み取った上で、作品が作られていて…。私もこの国で生きる一人として深く考えさせられる、素晴らしい原作だなと思いました。

 えみると私、似ている部分はあると思います。とくに同じだなと思うのは、上手に嘘がつけないところ。顔に出ちゃいます。だから素直に、嬉しいことは嬉しいって、悲しいことは悲しいって言うようにしています。

 無理しないでニュートラル、そのまんまでいるように。今回のドラマ、えみるに共感できることが多すぎて、自分の素が出ちゃいそうだなあと思います。でも等身大の自分でいることが、えみるを演じるために必要だと思っているんです。

【PROFILE】吉岡里帆(RIHO YOSHIOKA)●1993年1月15日生まれ。京都府出身。●趣味/猫と遊ぶ。新派観劇。●特技/書道。アルトサックス。●最新写真集『so long』7月20日発売。 ■ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』7月17日(火)放送スタート。カンテレ/フジテレビ系 毎週火曜よる9時。ドラマ公式HPはhttps://www.ktv.jp/kbss/index.html ■原作第1話試し読みはhttps://shogakukan.tameshiyo.me/9784091863577

(C)富取正明/小学館・週刊ビッグコミックスピリッツ

関連記事

トピックス