• TOP
  • 国内
  • 35歳バツイチ美女が神楽坂のドン・ファンに本気で恋した理由

国内

2018.07.15 16:00  NEWSポストセブン

35歳バツイチ美女が神楽坂のドン・ファンに本気で恋した理由

35歳と62歳。おじさんはやはり若い女性が好きなのか?

 結婚を夢見ながらも、結婚に惑う女性たち。彼女たちは男性に何を求めているのか? せっせと婚活をしながらも、なぜ結婚ができないのか? 婚活女性たちの結婚の「分岐点」をレポートする。

* * *

◆働く妻と、子供が欲しい夫

「彼とは、ご飯友だちでした。月1回くらい、美味しいものを食べに連れて行ってくれるおじさん。それだけ、のはずだったんですが……」

 そのおじさん、こと、真一(しんいち)氏にフラれたと落ち込むのは、ITベンチャー企業の広報として働く綾乃(あやの)さん、35歳。山田優似の長身の美女だ。現在バツイチで、婚活中。子供がほしいこともあり、少々焦っているという。とはいえ、真一氏の年齢を聞いて驚いた。62歳。婚活中なのだから、もちろん不倫ではない。真一氏は10年以上前に、妻を病気で亡くし、以来、独身を貫いている男性だ。

 “おじさん”にフラれたいきさつを問う前に、バツイチになった経緯について、まず聞いた。

 29歳のとき、仕事で知り合った5歳年下の男性と結婚。見た目が好みで、綾乃さんからアプローチしたが、結婚生活は5年で破局した。理由は浮気ではなく、「価値観の違い」だという。

 2人とも地方出身だった綾乃さん夫婦は、結婚を機に、少し背伸びをして、憧れの街・神楽坂で新生活を始めた。マンションの家賃を払うために、綾乃さんは仕事を頑張った。結婚前から綾乃さんは、年下の夫より、仕事も忙しく、稼ぎもよかったという。お酒が好きな綾乃さんには、公私ともに、夜の誘いも多かった。必然的に、平日は、夫とほとんど顔を合わせなくなっていった。

「週末は夫との時間を大事にするようにしていたんですが、平日の疲れで、土曜日は一日寝たおしちゃったりしていましたね……。正直、夫は、ガツガツ働くタイプではなく、私が稼がなくちゃ、という気持ちが強すぎたのかもしれません。生活水準を下げたくなかったから。ある日、夫に、もっと家庭的な生活を送りたい、子供ができる前に別れたいと言われました」

関連記事

トピックス