芸能

前澤友作氏の名言&高額コレクション、剛力はプライスレス

バスキアの作品を過去最高額の約123億円で落札した前澤氏(写真AP/アフロ)

 会社の時価総額は1兆4000億円、個人資産は5579億円、株の配当だけで年収35億円(!)というZOZOTOWN・前澤友作社長。稼ぎもすごいけど、その使いっぷりも桁違い。アート、趣味、人脈…彼のお眼鏡にかなったものを、SNSなどで発言した“前澤語録”とともにご紹介する。

「ここにしかないもの、こだわってるものが好き」

 人と同じものが嫌な性分で、希少品を独自にカスタムするのがお約束。プライベートジェット(約60億円)はネイビーに塗り替え、『ブガッティ・ヴェイロン』(2億7800万円)はエルメスデザインを、『メルセデス・マイバッハ』(推定6000万~8000万円)は世界99台の限定生産をチョイス。ただし、世界で1台の『パガーニ・ゾンダ』(推定3億円)は購入1年少しで交通事故で大破してしまった。

「お金めちゃ使う。とんでもない人に会える。気づいたら成長してる」

 バスキアの絵画を62億円(2016年)で落札した直後に、アートコレクターで知られるレオナルド・ディカプリオから「おめでとう。いいもの買ったね!」と直メールが届き、親交がスタート。BIGBANGのT.O.Pも後輩コレクターにあたり、オークションでの協力を惜しまないそう。42才の誕生日には安倍晋三首相とも2ショット。“名言”を体現してます!

「機械式の腕時計が好きです。無駄なパーツなんてひとつもないし、さぼってるパーツもひとつもない」

 歯車やパーツが絡み合って時を刻んでいく様子を、会社や社会の構図に見立てているそう。いちばんのお気に入りは“時計界のF1”と呼ばれる『リシャール・ミル』の中でも超ハイスペックな「ラファエル・ナダル」モデル(約5000万~1億円)。超軽量だけど、消費税だけでウン百万円するヘビーな存在です。

「すべてのモノが情報化される中で、数値化できないものがアートにある」

 数字を追いかけるビジネス界にいるからこそ、感性の世界に身を置きバランスを取っているという前澤氏。2016年に続き、2017年にはジャン=ミシェル・バスキアの作品を過去最高額の約123億円で落札した。その他、ピカソの絵画(約25億円)とアルベルト・ジャコメッティの彫刻や、国の重要文化財『烏鷺図屏風』、室町時代の茶碗、ステンレス製のオブジェ『Titi』(15億円)などオールジャンルで収集。コレクションは地元・千葉市に建設される美術館に展示される予定だそう。

「アートも音楽もスポーツも、国境を超え、人々を繋いでくれる」

 プライベートジェットでロシアW杯からapbankフェスを“はしご”して出た言葉。続けて「プロ野球球団を持ちたい」と願望を明かした。すでに千葉マリンスタジアムの命名権を10年間31億円で取得するなど、前澤氏とプロ野球界は遠からぬ関係。買収か創設かは不明だけど、ZOZO球団の実現する日は来るか?

「撮影by前澤友作。この笑顔が大好き」

 雑誌の現代アート企画で意気投合、女性セブンのスクープで熱愛が公になった剛力彩芽との交際。スキャンダルとは無縁だった剛力のオープンな交際ぶりに、剛力ファンのナインティナイン岡村隆史や明石家さんまなどからは苦言が寄せられたが、ラブラブ投稿は続行中。彼の愛に応える彼女の存在こそプライスレス!

※女性セブン2018年8月16日号

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン