スポーツ

最新スポーツ記事のRSS

長嶋茂雄氏 胆のうの機能低下で緊急極秘入院の不安

2018.08.09 05:00

 東京・田園調布の2階建ての戸建て住宅。8月上旬のある平日の正午前、その豪邸の前に車を止め、手を合わ

 東京・田園調布の2階建ての戸建て住宅。8月上旬のある平日の正午前、その豪邸の前に車を止め、手を合わせて頭を垂れ、何かを一心に祈っている背広姿の男性がいた。頭を上げると、その視線はどこか遠く、表情には寂しさを湛えていた。そして、深々と一礼すると、車で走り去った。炎天下で男性が熱心に手を合わせていたのは長嶋茂雄さん(82才)の自宅だった。

 ここ最近、長嶋さんの車が毎日慌ただしく出入りするようになった。乗っているのは運転手だけで、助手席や後部座席には誰も乗っていない。荷物を運んでいるようだ。

 車の行き先は東京都心にある大学病院。錦織圭(28才)や羽生結弦(23才)などVIPアスリートが通うセキュリティーが充実した病院で、長嶋さんもかかりつけにしており、万が一の事態に備えていつも病室をおさえているといわれている。その上層階にある一室に、ミスターが緊急入院したという──。

 7月8日は北海道千歳市の「ザ・ノースカントリーゴルフクラブ」で開催された男子プロゴルフトーナメント『長嶋茂雄招待セガサミーカップ』の最終日だった。

 2007年に大会名に冠されて以降、大会名誉会長である巨人軍終身名誉監督の長嶋さんが最終日に来場して、1番ホールのティーグラウンドでスタートする出場選手を見送ることが恒例となっていたが、今年はその姿がなかった。

「2007年以降、長嶋さんが欠席するのは初めてのことでした。理由は風邪の影響と説明されましたが、何日たっても回復したとの話が届きません」(スポーツ紙記者)

 14年前に脳梗塞で倒れた不安がよみがえる。もしや──長嶋家の知人が話す。

「もう2週間以上前でしょうか、病院に運び込まれました。脳梗塞の再発というわけではなく、高熱とともに、がまんできないほどの腹痛を訴えて、内科にかかったようです。肌や目が黄色くなる『黄疸(おうだん)』の症状が出ていたので、肝臓周辺の急性の疾患のようでした。緊急で検査を行うと、肝臓のすぐ近くにある『胆のう』の調子が悪いことがわかったそうです。体調の波はありますが、黄疸の症状はなかなか抑え込めず、これ以上悪化すれば命の危険もある容体が続いています。さすがの体力と精神力でなんとか持ちこたえてはいますが…」

◆黄疸はどんな症状をもたらすか

 長嶋さんを襲った黄疸は、肝臓から排出される消化液の「胆汁」が、何らかの理由で十二指腸に流れていかず、肝臓にたまってしまうことで起きたとみられるという。東京大学医科学研究所附属病院の釣田義一郎医師(消化器外科)が解説する。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP