• TOP
  • ライフ
  • 永井豪氏「赤塚先生にだめと言われたことを全部やった」

ライフ

2018.08.24 11:00  週刊ポスト

永井豪氏「赤塚先生にだめと言われたことを全部やった」

ロングインタビューに答えた永井豪氏

『ハレンチ学園』『マジンガーZ』『キューティーハニー』『デビルマン』など数々の代表作を持つ漫画家・永井豪氏。画業50年突破を記念して、「永井GO展」が大阪で開催されることになった(9月8日~9月24日、於:大阪文化館・天保山)。そんな永井氏は、デビュー直後に「赤塚不二夫先生に呼び出され、怒られた」と明かす。プロインタビュアーの吉田豪氏が迫った。

──漫画家の世界で、批判的に言われたりとかはほぼなかった感じなんですかね。

永井:うん、ないと思いますね。

──『ハレンチ学園』について、赤塚不二夫先生がどう思ってたか知りたいですけどね。

永井:赤塚先生には、その前に僕、怒られてますから。苦々しく思ってたかもわからないけど、とくにいろいろ表立ってなんか言われることはなかったし。もう『ジャンプ』の柱になってしまったんで、叩いて潰せるような状況にはないなと赤塚さんも思ってたかもしれないですね。ただ、最初は『少年マガジン』の『じん太郎三度笠』(1968年)のときに、「色事みたいなこういうことを描いちゃだめだ!!」とか、時代劇のパロディなんで殺しのシーンがあるから「そんなヤクザ同士の殺し合いのシーンなんか入れるな!! ギャグはそんなんじゃない!!」とか怒られて。

関連記事

トピックス