国内

お受験有名人ママに変化、海外サマースクールから公文式へ

紗栄子ら子供を公文式に通わせる有名人は多い

 お受験シーズンの到来で、芸能人ママたちも勉強にグッと力を入れている。かつては“芸能人といえばこの学校”とばかりにいくつかの有名私立が人気を一手に引き受けていたが、現在は志望校が分散する傾向にある。

「都心にあって、お金持ちばかりが集結する有名私立を希望する芸能人ももちろんいますが、そういった学校は家柄が重視されるうえ、離婚などで両親が揃わないと子供が優秀でも不合格になることもあります。縁故主義や閉鎖性を嫌って、『わが子の才能にあった学校を選びたい』と考える芸能人のかたが増えています」(進学塾関係者)

 筆頭が、長谷川理恵(44才)。かつて売れっ子モデルとしてハイソな毎日を送っていた彼女ならば当然、子供の教育もブランド志向で、(石田純一をめぐり)因縁ある東尾理子と“骨肉の教育ママバトル”を繰り広げるかと思いきや、選んだのは意外な道だった。

「理恵ちゃん、今は鎌倉に住んで子育てしているんです。あれだけブランドや都会が大好きな彼女が鎌倉で子育てをすると聞いた時は驚いたけど、息子さんの健康を考え、少しでも空気のいいところで育てたいとのことでした。

 これから通わせる小学校についても、“子供は子供らしくのびのびと”という考えで、無理して遠い都心の学校に通わせるよりもアットホームな地元の学校を希望しているみたいです」(長谷川の知人)

 志望校合格のための勉強法も時代とともに変わった。

 数年前から、神田うの(43才)を筆頭に、夏休みは旅行も兼ねて子供をハワイのサマースクールに通わせて、生の英語を体験させるセレブな教育法が脚光を浴びているが、最近はより地に足のついた勉強法が注目されている。

「その代表が公文式です。藤本美貴さんや紗栄子さん(31才)、高田万由子さん(47才)らが子供をこぞって通わせていましたし、芸能界を引退した江角マキコさん(51才)は娘の通う教室でほかの子供たちに公文を教えていたと報じられました」(別の芸能関係者)

 中でも熱心なのは、赤西仁(34才)と黒木メイサ(30才)夫妻だ。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン