芸能

「月9らしさ」を逆手に?『絶対零度』が好調続く3つの理由

 好調の理由の一つに人気シリーズの続編という点も挙げられる。『絶対零度』は、上戸彩主演で『未解決事件特命捜査』(2010年)、『特殊犯罪潜入捜査』(2013年)と捜査班の舞台を変えながら続いてきた最高視聴率18%の人気シリーズ。今作も前シリーズを知る視聴者が取り込めるため、ある程度の視聴者数は担保できていたと言っていい。だが今作の“未然犯罪潜入捜査”は、前作まで主演だった上戸彩がサブストーリーに周り、沢村一樹へ主演をバトンタッチ。

 その他の出演者も第2期の最終回のみに登場した横山裕が登場する以外は、前作と関連性はあまりないものになっている。この大幅な設定変更は前作までのファンにとっては反発を買ってしまいそうだが、この絶妙な設定変更こそがシリーズファンはもちろん、それ以外の視聴者も巻き込んだ。

 テレビの視聴状況を独自に調査している「テレビ視聴しつ」(eighet社)によると、寄せられた視聴者の感想からは「上戸彩の登場が待ち遠しい」(67歳男性)、「上戸彩の存在はどうなっているの?もっと詳しく!」(50歳女性)、「桜木さん(上戸)を殺さないで」(56歳女性)など、ファン視聴者にとっては前作の主人公がまさかサブストーリーにしか登場せず、しかも死亡した?という謎もあることから、より興味を引く展開となった。また「絶対零度感はないが、一ドラマとして普通に面白い」(31歳女性)、「前作とは違った面白さ。家族でハマってる」(43歳女性)といった意見もあるように、前作を中途半端に引きずらなかったことで、今シリーズを集中して楽しませる効果を生み、「前作を見ていなかったけど、ハマってしまい毎回みている」(47歳女性)など、前作を知らない視聴者も巻き込むことに成功した。

 そして『絶対零度』というタイトルも、前作までは未解決事件=コールドケース=絶対零度という意味合いが強かったが、今回は殺人を犯す人物を特定し未然に食い止めるというテーマから、到達しえない温度=殺人を犯す境界線という意味も持たせ、今作があることでさらにこのシリーズの深みが増したと言っていい。

◇「ゾクゾク」、「怖い」、「刺激的」…月9らしからぬ視聴者の反応

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン