• TOP
  • 国内
  • 政権奪取を叫ぶ橋下徹氏、内閣改造で入閣の可能性は

国内

2018.09.22 07:00  週刊ポスト

政権奪取を叫ぶ橋下徹氏、内閣改造で入閣の可能性は

”トリックスター”の入閣は?(時事通信フォト)

 安倍首相の三選となった自民党総裁選で反安倍勢力の切り札と期待されながら、洞ヶ峠を決め込んだのが小泉進次郎氏だ。

 安倍陣営の出陣式に出席して受付に名刺を提出し、“安倍に転んだか”と注目されたが、後に秘書が「演説会と勘違いしていた」と名刺を回収するというドタバタも演じた。

 その進次郎氏は総裁選終盤、菅義偉・官房長官とともに沖縄県知事選(9月30日投開票)の応援演説に立った。自民党無派閥の若手議員が語る。

「沖縄政策を取り仕切ってきた菅さんは総裁選に距離を置き、知事選に全力投球している。進次郎氏がその菅さんと行動を共にするのは珍しい。これは総裁選のしがらみから距離を置くだけでなく、今後の政界は菅さんを中心に動くと考えたからではないか」

 父親譲りの政治勘を持つ進次郎氏は、「石破から安倍」への乗り換えではなく、「石破でも安倍でもなく菅」と判断したとの見方だ。

 そして“政界のトリックスター”橋下徹・前大阪市長がこの総裁選にタイミングを合わせるかのように著書『政権奪取論』を上梓した。

 安倍首相と日本維新の会は協力関係にあり、内閣改造のたびに橋下氏の入閣説が取り沙汰されてきたが、首相にとって総仕上げとなる第5次内閣で在野の橋下氏を大臣として招いて政界復帰を促し、安倍政治の「後継者」とするつもりではないかという見方まである。

コメント 1

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス