• TOP
  • ビジネス
  • パラレルキャリアで猫本屋を開業した49歳会社員の「目標」

ビジネス

2018.10.13 07:00  NEWSポストセブン

パラレルキャリアで猫本屋を開業した49歳会社員の「目標」

かわいい猫店員が迎えてくれる本屋です

■「本×猫×ビール」で生まれた、どこにもない空間

──ここまでのお話で、安村さんの本屋が赤字のような印象を持たれた方がいらっしゃるかもしれませんが、『夢の猫本屋ができるまで』によると、ちゃんと儲かっています(例:2018年3月の営業損益は約28万円)。また、開業資金をクラウドファンディングで集めるなど、安村さんは、ソーシャルビジネスに長けてもいる。そのあたりは収支が細かく記載されている本を参照いただくとして、では、なぜ「猫本屋」だったのでしょうか。

安村:50歳が近づいてきて、このまま老後を迎えるのだろうかともやもやし始めたんです。僕は今の会社に14年いるのですが、その前は、新卒で会社員になった後、何回も転職をしています。飽きっぽいんですよ。そんな僕が14年も同じ会社にいるのは、マーケティングの仕事が合っているとか、環境がいいとか、内勤でスーツを着なくていいとか、理由は色々あるのですが、年齢的に、容易に動けなくなってきたというのもありました。

 では会社は変えず、自営で新しいことが何かできないか考えたときに、「小売業」しか浮かばなくて、自分が売れるものといったら「本」しか浮かばなかった。本はずっと好きだったから、本のことならある程度わかるという自負があったんです。

──「本」ありき、だったんですね。そこに「猫」と「ビール」が加わったのは?

安村:本屋をやりたいと考えるようになってから、本屋開業のための講座をいくつか受講しました。その中の一つ、内沼晋太郎さん(ブック・コーディネイター、クリエイティブ・ディレクター)が主宰されている講座で、今の時代は「本×〇〇」が必要という話を聞いて、なるほどと。そこから、本と掛け合わせる「〇〇」を考え始めて、これについては色々な選択肢が浮かんだんですが、最後に残ったのが、猫とビールでした。

 猫は、うちで15年飼っていたのが保護猫だったことが大きいですね。今、『Cat’s Meow Books』には猫店員が5匹いますが、みな、保護猫です。それからビールは、単に僕がいつもビールを飲んでいるから。本と猫に囲まれてビールを飲んで過ごしたい……結局、自分が余生を過ごしたい空間を作ったということですね。

関連記事

トピックス