• TOP
  • スポーツ
  • 松井秀喜氏はなぜ「巨人監督」を断り続けるのか

スポーツ

2018.10.22 07:00  週刊ポスト

松井秀喜氏はなぜ「巨人監督」を断り続けるのか

再び巨人のユニフォームに袖を通す日は(時事通信フォト)

 家族と暮らすニューヨークの自宅を拠点に、愛車のポルシェ・パナメーラを自ら運転。マイナーリーグのチームの練習に足を運んでは、選手の指導に精を出す──松井秀喜氏の毎日のルーティンは、来年も変わらないようだ。

 高橋由伸監督の辞任に際してファンの期待感が高まった「松井秀喜・読売巨人軍監督」は原辰徳氏の3回目の監督就任により、今回も実現に至らなかった。松井氏の近況について、メジャーリーグに詳しい在米ジャーナリストが語る。

「ヤンキースのGM特別アドバイザーとして、傘下の2Aや3Aのマイナー選手の打撃コーチとして汗を流す日々を送っています。シーズン中は選手同様休みがないし、オフ期間も選手個々が行なっている自主トレの視察に愛車で飛び回っている。

 指導した各選手の評価、課題点などをレポートにしてキャッシュマンGMに報告しており、ヤンキー・スタジアムで行なわれる球団の幹部会にも出席しているほど。球団外でも、2015年にNPO法人を立ち上げ、日米で子ども向けの野球教室を開催している。近くニューヨークの学校で野球教室を開催する予定で、後輩育成に慈善事業と、多忙な日々を送っています。球団の送迎を断わり、愛車を運転することが松井さんに許された数少ない気分転換です」

 日本のメディアの監視が及ばない米国で、現役さながらの野球漬けの日々を送る理由はなぜか。

 その松井の機微が窺える発言が、9月23日放送の『プレミアムゴルフ』(テレビ東京系)であった。松井氏は同番組内で、日本球界への復帰についてこう語った。

関連記事

トピックス