• TOP
  • 国内
  • 逃走23日間に何を?「松山の脱獄囚」から届いた手紙の壮絶

国内

2018.11.12 11:00  週刊ポスト

逃走23日間に何を?「松山の脱獄囚」から届いた手紙の壮絶

平尾龍磨受刑者(共同通信社)

 フェンスを乗り越え、海を泳ぎ、民家の屋根裏に潜伏──今年4月、映画のような脱獄劇を繰り広げた、松山刑務所の平尾龍磨受刑者(27)。捜査員1万5000人と警察犬16匹の目をかいくぐり、23日間にわたって世を騒がせた当人から、壮絶な逃走生活を克明に綴った手紙が届いた。ジャーナリストの高橋ユキ氏が報告する。

 * * *
 B5サイズの便箋14枚には、隙間なく小さな文字が埋められている。

〈前略 ご返事を差し上げるのが遅れて申し訳ございません〉
〈ボールペンで手紙を差し上げるのが礼儀だと思いますが、なぜか書いている途中でインクが途切れたりして失礼な文字になってしまうので、シャーペンで書いています。お許し下さい〉

 へり下った文面と丁寧な筆致は、世を騒然とさせた犯罪者像とは程遠い。

 今年4月に松山刑務所大井造船作業場(愛媛県今治市)から脱獄、23日間にわたり逃走を続けた平尾龍磨受刑者から手紙が届いたのは、10月上旬のことだった。

〈私のことは気になさらず、どんなことでも聞いてもらって大丈夫です〉

 出所まであと1年半の模範囚だった彼は、なぜ脱獄し、どう逃げたのか。手紙の中で明かした23日間の模様は、壮絶の一言に尽きる。

◆〈大井は腐っていました〉

関連記事

トピックス