芸能

満島ひかりと安藤サクラは絶縁 女優の“不仲”はなぜ起きる?

女優の“不仲”はなぜ起きるのか

 演技派女優2人の“関係”が注目を集めている。その2人とは、NHK連続テレビ小説『まんぷく』のヒロイン・安藤サクラ(32才)と、満島ひかり(32才)だ。

 NEWSポストセブンでは11月16日、「親友同士だった満島ひかりと安藤サクラが絶縁状態になるまで」というタイトルの記事を配信。元々、2人は同い年で同じ事務所に所属し仲がよく、お互い“家族のような存在”と認め合う関係だったという。ところが、最近はまったく連絡を取らず、口もきかない仲に。
 
 きっかけは朝ドラだった。2人とも朝ドラの主演を熱望し、満島は何度もオーディションを受けたがかなわなかった。安藤が『まんぷく』の主演を射止めたことに、満島は「なんで彼女が先なの? 許せない」とショックを隠せなかったという。その後、満島のわがままぶりや所属事務所を辞めたことで、互いに距離を置くようになったとされる。

 これに対して、ネット上では、女優としての2人を“評価”する声が目立った。

「満島ひかりさんも安藤サクラさんもとてもいい女優さんだと思います。役に入り込むところは本当に魅力的です」
「素人くさい半アイドルみたいな自称『女優』が多い中、どちらも息長くいけそうないい女優さんだと思う。キャラもかぶらないからライバル関係にならないと思うんだけど」
「満島さんと安藤さんはそれぞれ演技派女優として地位をしっかり築いていると思う」

 中には、「女優さんだから演技で評価されればそれでいいと思います」とプライベートではなくあくまで女優として見るべきという指摘もあった。

 満島が朝ドラの主演を目指していたという内容については、
「満島さんは演技派だけど、印象が暗いので朝ドラの顔じゃない」
「朝ドラが何やねんと思う そんなん出なくても満島ひかりが名女優であることは周知の事実でしょう」というネットの書き込みもあった。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン