• TOP
  • 芸能
  • 『下町ロケット』、魂の名言集 ものづくりにかける情熱

芸能

2018.11.25 07:00  週刊ポスト

『下町ロケット』、魂の名言集 ものづくりにかける情熱

阿部寛の熱い演技が話題

 話題の『下町ロケット』(TBS系、日曜夜9時~)、物語は後半戦の「ヤタガラス編」に突入した。元宇宙開発研究者の佃航平(阿部寛、54)が率いる町工場・佃製作所が新たな挑戦の舞台とするのは、「農業」──。ここでは佃を支える人たちの名台詞とともに最新第6話までを振り返る。

●「佃さんはユーザーの立場に立ってモノを作られている。私の原点を思い出させてくれたんです。快適で、斬新で、何より人の役に立つトランスミッションを作りたい。それが私の、ギアゴーストの夢なんです」(第2話・島津裕)

 トランスミッションの分野で急速に業績を上げるベンチャー企業・ギアゴーストが募るバルブ部品のコンペで、業界最大手・大森バルブとの一騎打ちに。

 ギアゴーストの社長、伊丹大(尾上菊之助、41)と天才女性エンジニアの島津(イモトアヤコ、32)は、佃製作所の設計を採用するにあたり、田んぼで使うことを想定し、丈夫さを徹底的に追求する姿勢に対して驚きを隠さなかった。

●「挫折したかも知れないけど、パパは立派な技術者だよ。尊敬すべき研究者だと思う」(第4話・佃利菜)

 ケーマシナリーへの反撃材料を探して、膨大な学術論文と格闘する佃。そんな父に、帝国重工で働く一人娘・利菜(土屋太鳳、23)は、会社がロケット開発から撤退するのではないかと、不安をつぶやく。

 ロケット打ち上げの失敗から、宇宙科学開発機構の研究員を辞職した佃は、自分と同じ挫折を味わってほしくないと娘を励ます。だが、父を追って技術者になった利菜は、誰よりその背中の大きさを感じていた。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス